スプラウト用だったんそば新品種候補系統「北海T9号」及び「北海T10号」

タイトル スプラウト用だったんそば新品種候補系統「北海T9号」及び「北海T10号」
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
研究課題名
研究期間 1991~2006
研究担当者 遠藤千絵
横田聡
橋本直人
山内宏昭
川勝正夫
瀧川重信
中司啓二
木村正義
野田高弘
鈴木達郎
六笠裕治
発行年度 2006
要約 スプラウト(発芽野菜)や乾燥粉末原料に適するだったんそば「北海T9号」は「北海T8号」に比べスプラウトのルチン含量がやや高く、また保存期間中にカビが生えにくい。「北海T10号」は「北海T8号」に比べスプラウトが赤く、アントシアニン・ルチン含量が高い。
キーワード スプラウト、だったんそば、ルチン、アントシアニン、乾燥粉末
背景・ねらい だったんそばスプラウトやその乾燥粉末は抗酸化能などの機能性を持つルチンを豊富に含むため機能性野菜・加工用原料として注目されている。しかし、だったんそばスプラウトはそばスプラウトに比べ胚軸が細いためより太いものが好まれる。また多くのスプラウトは緑色であるため、赤色など異なる彩が求められている。そこでスプラウトに適するだったんそばを育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「北海T9号」はコルヒチン処理により作出した「韃靼種」の4倍体である。
  2. 「北海T9号」は「北海T8号」に比べ採種する場合に子実重がかなり少ない (表1)。
  3. 「北海T9号」のスプラウトは「北海T8号」に比べ胚軸が太く、ルチン含量がやや高く、保存期間中にカビが生えにくいため、スプラウトや乾燥粉末原料に適する(図1、表2)。
  4. 「北海T10号」はEMS処理により作出した「北海T8号」の突然変異体である。
  5. 「北海T10号」は「北海T8号」に比べ、採種する場合に子実重は極めて少ないが、早播き多肥栽培で増収する傾向がある(表1)。
  6. 「北海T10号」のスプラウトは「北海T8号」に比べアントシアニン含量が高く赤色を呈し、ルチン含量が高く、乾燥粉末は赤みを帯び加工用原料に適する(図1、表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 採種する場合に子実重が極めて少ないので、スプラウトや加工用原料など付加価値の高い用途に利用する。
  2. 「北海T9号」、「北海T10号」は「北海T8号」同様脱粒しやすいので適期収穫に努める。
  3. 「北海T10号」は栽培条件によって増収する可能性があるので、作付け地に適した栽培条件の検討が必要である。
    4.品種登録出願予定である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003908
カテゴリ 加工 乾燥 機能性 栽培条件 新品種 そば 品種

この記事は