カラフルポテトの新顔(1)赤肉の新品種「ノーザンルビー(旧系統名 北海91号)」

タイトル カラフルポテトの新顔(1)赤肉の新品種「ノーザンルビー(旧系統名 北海91号)」
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 北海道農業研究センター
研究課題名
研究期間 1993
研究担当者 森 元幸
高田明子
小林 晃
津田昌吾
高田憲和
梅村芳樹
木村鉄也
百田洋二
串田篤彦
植原健人
発行年度 2005
要約 ばれいしょ「ノーザンルビー」は、調理適性に優れ、アントシアニン色素を含有し、いもの肉色が赤色である。ジャガイモシストセンチュウ抵抗性を有し、「インカレッド」に比べ枯凋期が早く栽培しやすい。
キーワード ジャガイモ、アントシアニン、赤肉、ジャガイモシストセンチュウ
背景・ねらい ばれいしょの原産地南米アンデス地域には、アントシアニン色素を含む赤紫肉のばれいしょが存在する。これを改良したカラフルポテトの開発は、消費者のばれ いしょに対する既存イメージを覆し、市場の活性化と新規需要の開拓を狙うものである。また近年、機能性成分が注目され、ばれいしょアントシアニン色素につ いても様々な機能性を持つことが明らかになった。赤肉のカラフルポテトとして「インカレッド」を育成したが、枯凋期が遅くいもの肥大も遅い、ジャガイモシ ストセンチュウ抵抗性がないなどの欠点があり、より栽培しやすい赤肉の品種が求められている。
成果の内容・特徴
  1. 「ノーザンルビー」は、紫肉品種「キタムラサキ」の開放受粉種子より選抜された。
  2. 「インカレッド」の肉色に比べ切断面全体が赤色で色むらが無く(図1)、アントシアニン色素(主要成分:ペラニン)の含量は2mg/g程度である(表1)。
  3. 「インカレッド」に比べて枯凋期は早く、茎は短く、そう性は直立のため、栽培管理がしやすい(表2)。
  4. 「インカレッド」に比べ収量は多く、平均1個重は大きく、内部異常が少ない(表1、2)。
  5. 用途は調理用で、「インカレッド」に比べてでん粉価が高く、16%程度と適正であるため、加工時の歩留りが良く、調理加工適性も改善されている。(表2、3)。
  6. ジャガイモシストセンチュウに対し抵抗性である(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 赤肉を生かした調理・加工に利用でき、赤肉をアピールした産直販売が可能である。
  2. 8月以降の生育後半に下葉から枯れ上ることがあるが生理的なものであり、Yウイルス罹病による局部斑点の病徴とは混同しないように注意する。
  3. 赤皮のため緑化等の見分けが難しいので、十分な培土と培土を崩さない様な管理作業を行い、緑化させないように注意する。
  4. 北海道の地域在来品種等として認定されており、十勝地域で種いもの生産が行われ、200haの普及が見込まれる。
平成17年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および区分「ばれいしょ地域在来品種等の特性」 指導参考
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003757
カテゴリ 加工 加工適性 機能性 機能性成分 栽培技術 新品種 受粉 抵抗性 ばれいしょ 品種

この記事は