高イソフラボンのだいず新品種候補「十育241号」

タイトル 高イソフラボンのだいず新品種候補「十育241号」
担当機関 北海道立十勝農業試験場
研究課題名
研究期間 1993~2005
研究担当者 白井滋久
湯本節三
松川 勲
田中義則
萩原誠司
黒崎英樹
山崎敬之
鈴木千賀
大西志全
角田征仁
発行年度 2005
要約 「トヨコマチ」並の熟期の白目中粒である。イソフラボン含量が「トヨコマチ」より1.5倍程度高い。低温抵抗性が強い。臍および臍周辺着色抵抗性が強く外観品質に優れる。遊離型全糖含量がやや低く、こく、甘みが劣る傾向にある。加工適性は豆乳、味噌、煮豆、納豆に適する。
キーワード ダイズ、イソフラボン、低温抵抗性、低温着色抵抗性、豆乳、味噌
背景・ねらい 健康志向の高まりのなかで、大豆の機能性成分のひとつであるイソフラボンが注目されており、豆乳などの加工食品分野で大豆の消費が伸びている。
道産大豆の高付加価値化のため、高イソフラボン大豆品種の育成を図る。
成果の内容・特徴
  1. 平成5年、十勝農試で「十系793号」を母、「十系817号」を父として人工交配を行い、それ以降、選抜、固定を進めて育成した系統であり、平成17年の世代はF13である。
  2. イソフラボン含量が「トヨコマチ」の1.5倍程度高い(表2)。
  3. 低温抵抗性が「トヨホマレ」並の強であり、収量は「トヨコマチ」並である(表1)。
  4. 臍着色抵抗性が中、臍周辺着色抵抗性が強で外観品質に優れる(表1)。
  5. 豆乳、味噌、煮豆および納豆に適する(表1)。
  6. 遊離型全糖含量がやや低い(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 「十育241号」を地帯区分Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのうち作付け希望のある地域に普及する。
  2. 主茎長が長く倒伏することがあり、密植しても増収効果が低いため、標準密度で栽培する。
  3. 「トヨコマチ」より裂莢しやすく収穫適期が短いため、茎水分低下後は速やかに収穫する。
  4. 葉色が「トヨコマチ」より淡いが、品種の特性であるため慣行の肥培管理で良い。
  5. ダイズわい化病抵抗性は“弱”なので、適切な防除に努める。ダイズシストセンチュウ・レース1発生圃場への作付けは避ける。
平成17年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および区分「だいず新品種候補「十育241号」」(普及推進事項)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003754
カテゴリ 加工 加工適性 機能性成分 くこ 高付加価値 新品種 大豆 抵抗性 肥培管理 品種 防除 わい化

この記事は