農産物およびその加工副産物における機能性脂質セラミドの含量

タイトル 農産物およびその加工副産物における機能性脂質セラミドの含量
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 北海道農業研究センター
研究課題名
研究期間 2002~2006
研究担当者 高桑直也
斎藤勝一
小田有二
発行年度 2004
要約 てん菜から砂糖を製造するときに副生するビートパルプは、市販品と同一構造のセラミドを高濃度含んでいるため、セラミド素材の原料として代替利用できる。
キーワード リンゴ搾汁残渣、ビートパルプ、機能性脂質、糖脂質、セラミド
背景・ねらい 糖脂質の一種であるセラミドは、肌の保湿・美白効果があることから健康食品および化粧品原料に利用されている。セラミドの供給源として牛脳が使われたこともあったが、現在では米糠や小麦胚芽などの植物体を原料としている。しかし、これらに含まれるセラミドは微量(0.1~0.2mg/g乾燥重量)で、抽出・精製には多大なコストを要することから市場価格はきわめて高価である(3%含有品で1kg当たり20万円)。そこで、より低コストで製造するのに適した原料を探すため、各種の農産物およびその加工副産物におけるセラミドの含量を調べた。
成果の内容・特徴
  1. 図1に示す供試試料には、いずれもセラミドが存在する。その含量は0.01~0.94mg/gの範囲で存在しており、リンゴの搾汁残渣がもっとも高濃度のセラミドを含む。
  2. 現行のセラミド製造工程では、植物体中のステロール配糖体がセラミドの高純度精製を困難にしており、供試試料においては0.01~0.87mg/g含まれている。
  3. リンゴ搾汁残渣のセラミド/ステロール配糖体比は1.09で、セラミドに対するステロール配糖体の割合がもっとも少ないため、セラミドの高純度精製が容易である(他の試料は0.02~1.00)。主要な構成セラミド種は、脂肪酸が2-ヒドロキシパルミチン酸およびスフィンゴイド塩基が4-ヒドロキシ-シス-8-スフィンゲニンで、既往の植物セラミドと類似した組成である(図2)。
  4. 北海道ではビートパルプがセラミド原料として有望である。主要な構成セラミド種は、スフィンゴイド塩基としてトランス-4,トランス-8-スフィンガジエニンを含む大豆セラミドと同一構造である(図2)。
  5. 1年間に発生するビートパルプすべてから、セラミドを抽出・精製すると仮定した場合、表のように大量に生産できる。
成果の活用面・留意点
  1. セラミドは植物界に普遍的に分布しており、未利用資源の利活用の参考とする。
  2. 使用する品種および生産年によるセラミド含量の変動が予想される。
  3. 抽出は食品に適用できる溶媒としてエタノールを使用する。
  4. 正確なコスト試算をするには、パイロットスケールで有機溶媒抽出液からの精製試験を実施する必要がある。
平成16年度北海道農業試験会議における課題名および区分
課題名:農産物およびその加工副産物における機能性脂質セラミドの含量(指導参考)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003713
カテゴリ 加工 乾燥 機能性 コスト 小麦 大豆 低コスト 品種 未利用資源 りんご

この記事は