雪中貯蔵キャベツにおける結球内部黒変症状の発生要因

タイトル 雪中貯蔵キャベツにおける結球内部黒変症状の発生要因
担当機関 畑作園芸科
研究課題名
研究期間 2001~2003
研究担当者 佐々木亮
木村文彦
櫻井道彦
発行年度 2004
要約
    雪中貯蔵中に結球内部の葉が葉先を中心に褐~黒変する症状(結球内部黒変症状)は、カルシウム欠乏によるものである。
キーワード
    キャベツ、結球内部黒変症状、雪中貯蔵、カルシウム
背景・ねらい
    キャベツを雪中貯蔵した時に発生する、結球内部の葉が葉先を中心に褐~黒変する症状(結球内部黒変症状)の発生要因を解明する。
成果の内容・特徴
  1. 本症状の発生程度が「0.5以上」の圃場では土壌の石灰飽和度、塩基飽和度が他の発生程度区分よりも低く、土壌診断基準値を下回る(表1)。
  2. 本症状の発生程度と結球部のカルシウム,カリウム,窒素含有率の間に有意な負の相関関係が認められる(表2、図2)。
  3. 結球部カルシウム含有率は土壌化学性のうち、交換性カルシウムとの相関が強い(表3)。また、現地栽培圃場の交換性カルシウムは、土壌診断基準値を下回る場合が多く見られる。
  4. 発生葉位は結球部の比較的外側に多く分布し、発生部位は必ず葉縁部で“縁腐れ症状”を呈する。部位別のカルシウム含有率は、いずれの葉位についても中肋から葉縁部に向かうにつれて低下する傾向を示し、発生部位が最も低い。また、症状が発生している葉の方が発生していない葉より低い(図1)。
  5. 水耕栽培において、カルシウム添加量を減じたり、欠如させると本症状の発生が見られる(表4)。
  6. 以上より、本症状の主要因はカルシウム欠乏によるものと判断される。
成果の活用面・留意点
  1. 本試験は「冬駒」を用いて実施した。
    平成16年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および区分
    「雪中貯蔵キャベツの結球内部黒変症状の発生要因」(指導参考)
カテゴリ キャベツ 水耕栽培 土壌診断

この記事は