飼料作物用細断型ロールベーラの作業性

タイトル 飼料作物用細断型ロールベーラの作業性
担当機関 根釧農業試験場
研究課題名
研究期間 2003~2003
研究担当者 高橋圭二
堂腰 顕
吉田邦彦
発行年度 2004
要約 細断型ロールベーラ、自走式ベールラッパによる細断コーンの梱包・密封作業能率は、圃場内走行作業では0.38ha/hで、定置作業の梱包では47.9個/h、密封が37.7個/hである。調製したコーンサイレージの10ヶ月後の品質はフリーク評点、V-Scoreとも良好である。
キーワード 細断型ロールベーラ、自走式ベールラッパ、圃場内作業、定置作業、品質
成果の活用面・留意点
  1. 供試機は、同時に牽引される2条刈りコーンハーベスタにより細断コーンをコンベヤ付チャンバに受け、これをベール成形室にまとめて送り込むことにより直径約80cm、幅約90cmのベールを梱包する定径型ロールベーラである。細断ベール用の自走式ベールラッパは9.6kW(13PS)のガソリンエンジンを搭載したクローラ自走型である。適応ベール寸法は幅100cm、直径100cmである(表1)。
  2. 精度試験の作業速度は0.68~0.72m/sでベール重量は233~364kg、密度は510~726kg/m3である。梱包時のロスは1.6~5.0kgで、その重量割合は0.4~1.4%である。ラップ時のロスは0.5~2.8kgで、総損失は約0.8~1.8%である(表2)。
  3. 平均作業速度0.95m/sで収穫・梱包したときの総作業時間は40.2分で作業能率は0.38ha/hである。自走式ベールラッパの作業能率は、フィルム交換を含む1時間あたりのベール密封個数は21.9個/hとなる。
  4. 細断型ベーラの成形室後方に自走式ベールラッパを配置し、ホイールローダで細断コーンを供給し、ラップベールは別のホイルローダで運搬する定置作業の場合、梱包作業能率は47.9個/hである。密封作業能率は37.7個/hで、一個の平均重量は321.0kgとなる(表3)。
  5. 圃場内走行作業により調製したベールの5、8、10ヶ月後の開封時の品質はフリーク評点、V-Scoreとも良好で(表4)、供試した細断型ロールベーラは圃場内走行および定置作業により良質なコーンサイレージの調製が可能である。

  1. 中山間地域等での飼料用とうもろこしの収穫・調製作業に利用が可能である。
平成16年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および区分
「細断飼料用ロールベーラの作業性評価」(指導参考)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003587
カテゴリ 飼料作物 飼料用作物 中山間地域 とうもろこし

この記事は