搾乳ユニット自動搬送装置導入による搾乳能率の向上

タイトル 搾乳ユニット自動搬送装置導入による搾乳能率の向上
担当機関 根釧農業試験場
研究課題名
研究期間 2003~2003
研究担当者 高橋圭二
堂腰 顕
吉田邦彦
発行年度 2004
要約 搾乳ユニット自動搬送装置は人力によるユニットの着脱が不要であり、軽労化等の導入のメリットがある。自動搬送装置6台(搾乳ユニット12台)の導入により2名作業で対尻式牛舎では約66頭/h、対頭式牛舎では約54頭/hの能率で搾乳作業が可能となる。
キーワード 搾乳ユニット、自動搬送装置、軽労化、搾乳作業能率
成果の活用面・留意点
  1. 対頭式牛舎において搾乳ユニット自動搬送装置4台のシステムの導入により搾乳ユニットは6台から8台に増加し、3名の搾乳作業では30.9頭/hから38.9~40.8頭/hに搾乳能率が向上する。この効果は導入直後から得られる(表1、表2)。
  2. 搾乳ユニット自動搬送装置6台のシステムを導入した82頭および64頭の搾乳をしている対尻式牛舎の作業者2名での搾乳能率はいずれも約66.7頭/hである(表3)。
  3. 搾乳ユニット自動搬送装置4台と6台のシステムを導入した対頭式牛舎での搾乳能率は、50.8~54.0頭/hである(表3)。
  4. 搾乳能率の向上以外の効果としては、重い搾乳ユニット持たなくて済むことや、配管に自動接続されることによる軽労化がある。

  1. パイプラインミルカは増加する搾乳ユニット数に応じた適正な施設・構造とする。
  2. 本成果は新たな搾乳ユニット自動搬送装置を導入する場合の作業計画立案に利用できる。
平成16年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および区分
「搾乳ユニット自動搬送装置の作業性評価」(指導参考)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003586
カテゴリ 軽労化

この記事は