ハイドランジア・アナベルのグリーン化と開花調節技術

タイトル ハイドランジア・アナベルのグリーン化と開花調節技術
担当機関 花野菜セ
研究課題名
研究期間 1998~2002
研究担当者 加藤俊介
高濱雅幹
発行年度 2002
要約 ハイドランジア・アナベルの生育特性を示し、開花期以降50%以上の遮光を行うことで、白花のグリーン化を実現。また、摘心処理による開花抑制・花房の小型化に効果を認め、新しい花きとしての可能性を拡大。
キーワード ハイドランジア・アナベル、遮光、グリーン化、摘心、開花調節
背景・ねらい 花・野菜技術センターでは花きの多様性を求める消費者、生産者の声に応えるため、新しい花きの創出を行っている。
ハイドランジア・アナベルを新しい花きとして取り上げ、本来白色の花を遮光によってグリーン化すると共に、摘心による開花調節についても検討しアナベルの普及向上を図る。
成果の内容・特徴
  1. アナベルの露地における通常の生育概況は、開花期は7月下旬、グリーン化期は8月中下旬、草丈100cm前後、花茎20cm前後、苗定植3年目以降の花茎数20~30本以上となる(データ省略)。
  2. アナベルのグリーン化栽培のための遮光法は、遮光率50%以上の資材を使い、アナベルの開花期以降に遮光を開始することでグリーン化が可能であり、資材の種類については大きな差はない(表1)。
  3. グリーン化アナベルの鮮度保持は、前処理剤単独では鮮度保持剤(クリザールブバル)の効果が高いが、体系処理では前処理剤(ハイフローラ)、輸送時処理材(エコゼリー)、後処理剤(華の精)の組み合わせ効果が高い(データ省略)。
  4. アナベルの摘心処理(3~6節残)は開花時期を遅らせ、花を小さくする効果は認められるが、摘心時期や年によっては花茎数の減少や、グリーン化しない事があり注意が必要である(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 摘心による開花調節は気象条件により変動するので注意する。
  2. 遮光によるグリーン化は特許出願中である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003510
カテゴリ くり 栽培技術 ハイドランジア 輸送

この記事は