泌乳最盛期におけるアルファルファサイレージ給与時の併給飼料

タイトル 泌乳最盛期におけるアルファルファサイレージ給与時の併給飼料
担当機関 家畜生理繁殖研
研究課題名
研究期間 1998~2001
研究担当者 押尾秀一
大谷文博
発行年度 2001
要約 第一胃分解性の異なる、でん粉質飼料2種類(トウモロコシと大麦)、蛋白質飼料2種類(大豆粕と魚粉)の産乳効果を検討したところ、でん粉質飼料ではトウモロコシの方が採食量、乳蛋白生産量が高く、蛋白質飼料では乳量、乳蛋白生産量に分解性が低い魚粉の有意な添加効果が認められる。
キーワード 動物栄養、乳用牛、アルファルファ、乳量、魚粉、トウモロコシ
背景・ねらい 北海道においては、飼料自給率向上を目指して、地域適応性に優れたアルファルファ品種の栽培面積増大が図られている。そこで、アルファルファサイレージを基盤とした飼養形態を発展させるため、泌乳最盛期の乳牛に適したアルファルファサイレージ併給飼料の種類について検討する。
成果の内容・特徴 1.
アルファルファロールベールサイレージを粗飼料とした4種類の混合飼料を作成した(表1)。これらを泌乳最盛期の乳牛4頭に飽食させ、4x4のラテン方格法(1期2週間)により実験を行った。でん粉質飼料とアルファルファの第一胃内乾物分解速度は大麦>トウモロコシ>アルファルファサイレージの順に高く(図1)、蛋白質飼料とアルファルファの第一胃内CP分解速度は、アルファルファサイレージ>大豆粕>魚粉の順に高い(図2)。
2.
乾物摂取量はトウモロコシ区が最も高い値を示し、乳量は魚粉区が最も高く、いずれも大豆粕区より有意に高い。乳蛋白率はトウモロコシ区が最も高く、乳蛋白生産量も魚粉区とほぼ同じであり、大麦区及び大豆粕区より有意に高い。それ以外の成分には処理間に有意差は認められない(表2)。
3.
以上のことから、乳量が高い泌乳最盛期にアルファルファサイレージに併給する飼料としては、でん粉質飼料は大麦よりトウモロコシ、蛋白質飼料では大豆粕よりも魚粉の方が有効である。
成果の活用面・留意点 1.
泌乳最盛期において、アルファルファサイレージを給与する場合の併給飼料を設計す る上で有効である。
2.
本試験の結果は、泌乳後期の栄養要求が低い牛には当てはまらない。
3.
実際の飼料設計では、飼料のCP水準は日本飼養標準に準拠すること。
4.
魚粉は肉骨粉混入の危険性がないものを使用すること。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003423
カテゴリ アルファルファ 大麦 飼料設計 大豆粕 とうもろこし 乳牛 品種

この記事は