特定のカンキツトリステザウイルス分離株に免疫性のキンカン

タイトル 特定のカンキツトリステザウイルス分離株に免疫性のキンカン
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 果樹研究所
研究課題名
研究期間 2001~2005
研究担当者 吉田俊雄
中嶋直子
國賀 武
発行年度 2004
要約  キンカンはカンキツトリステザウイルス(CTV)に感受性であるが、「ニンポウキンカン」、「マルキンカン」、「四倍体ニンポウキンカン」及び「ぷちまる」は弱毒系の2分離株(M12、M16A)に対して免疫性である。
キーワード キンカン、カンキツトリステザウイルス、CTV、免疫性
背景・ねらい
 キンカンはCTVに感染すると考えられていたが、キンカン品種「ぷちまる」(「ナガキンカン」×「四倍体ニンポウキンカン」)では弱毒株のM16Aの感染が認められなかった。そこで、「ぷちまる」のほか数種類のキンカンについて病原性の異なる数種類のCTV分離株を接種し、感染の有無を検定する。
成果の内容・特徴 1.
「ぷちまる」の2年生ラフレモン台CTVフリー苗3個体ずつに弱毒株のM15AとM16Aを接ぎ木接種し、ELISAにより感染の有無を検定した結果、M15Aについては検出されるが、M16Aは検出されない(表1)。
2.
「ぷちまる」の2か月生ラフレモン台CTVフリー苗を供試してシードリングイエローズ系強毒株(KY・OT、KS3A2、S5A)、ステムピッティング系強毒株(HS34、No.1595)及び弱毒株(HM55、M11、M12、M15A、M16A、M23A)をそれぞれ1~3個体ずつに接ぎ木接種し、感染の有無を検定した結果、M16Aのほかに弱毒株のM12も検出されない。弱毒株のM23A接種ではELISAの反応が弱く明確な判定は困難である。これらの個体の台木部では感染が確認されている(表2)。
3.
「ニンポウキンカン」、「マルキンカン」、ナガバキンカン2系統(84592、86212)、「二倍体マメキンカン」、「四倍体ニンポウキンカン」及び「早生キンカン」の11か月生の珠心胚実生苗を供試し、シードリングイエローズ系強毒株(S5A)、ステムピッティング系強毒株(HS34、No.1595)及び弱毒株(M12、M15A、M16A、M23A)をそれぞれ2~3個体ずつに接ぎ木接種し、感染の有無を検定した結果、ナガバキンカン2系統、「二倍体マメキンカン」及び「早生キンカン」の珠心胚実生では供試した7種類の分離株のいずれについても検出され、感染が認められる(表3)。
4.
「ニンポウキンカン」、「マルキンカン」及び「四倍体ニンポウキンカン」の珠心胚実生では、弱毒株のM12とM16Aは検出されないため感染が確認できず(表3)、これらのウイルス分離株に対して免疫性であると考えられる。
成果の活用面・留意点 1.
「四倍体ニンポウキンカン」は「ニンポウキンカン」の実生苗の中から選抜されたもので、有性胚実生か珠心胚実生か識別していない。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003282
カテゴリ きんかん 台木 接ぎ木 品種 レモン その他のかんきつ

この記事は