SSRマーカーによるマルメロの品種識別

タイトル SSRマーカーによるマルメロの品種識別
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 果樹研究所
研究課題名
研究期間 2001~2005
研究担当者 山本俊哉
木村鉄也(種苗管理セ)
副島淳一
眞田哲朗
伴 義之(種苗管理セ)
林 建樹
発行年度 2003
要約 ナシやリンゴで開発されたSSRマーカーを用いて、マルメロの品種識別及び親子関係の確認が可能である。
キーワード マルメロ、SSR、品種識別、親子鑑定
背景・ねらい
マルメロは、バラ科ナシ亜科に属する果樹であり、果実の他にナシの台木として利用されている。形態からの品種識別が困難であり、またRAPDやアイソザイム等の従来の分子マーカーでは十分な多型が得られず、品種識別が困難である。
マルメロと同じナシ亜科に属するナシやリンゴで開発されたSSR(Simple Sequence Repeat)マーカーが、マルメロの品種識別に利用可能かどうかを検討し、さらに品種識別や親子の鑑定を行った。
成果の内容・特徴
1.
ナシやリンゴ由来のSSRマーカー118種類を試したところ、約2/3にあたる77種類がマルメロで明確な増幅バンドを生じ、属を越えて利用可能である。そのうちの28種類のSSRマーカーがマルメロ品種間で多型を示し、品種識別に利用できる。
2.
多型を示した28種類のSSRマーカーから得られた合計88本のバンドを用いて品種識別を行ったところ、図1のように、マルメロ17品種を11のタイプに識別することができる。
3.
台木用の品種である「Sydo」、「Quince A」、「Quince B」、「Quince C」、「Vitory」、「Doue」、「BA-29」などは遺伝的に非常に近縁である(図1)。
4.
「Angers」と「Champion」、「在来種」と「Portugal」と「Acucar」、「C-98-4」と「Quince C」、「Quince A」と「Quince B」と「Sydo」は相互に識別ができず、このことから、枝変わり又は異名同品種の可能性がある。
5.
2ケ所(青森、長野)で保存されている「かおり」、3ケ所(秋田、青森、長野)で保存されている「スミルナ」は、それぞれ全く同じ遺伝子型を示したことから、クローンであることが確認される。
6.
「かおり」及びその両親とされる「スミルナ」、「在来種」の親子鑑定を行ったところ、両親由来の対立遺伝子が矛盾なく「かおり」に伝わっていることから、親子であることが確認される。
成果の活用面・留意点 1.
枝変わりの場合に、今回使用したSSRマーカーでは判別できない。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003244
カテゴリ 台木 ばら 品種 マルメロ りんご

この記事は