果実類のカロテノイド含有量における品目間差

タイトル 果実類のカロテノイド含有量における品目間差
担当機関 (独)農業技術研究機構 果樹研究所
研究課題名
研究期間 2001~2002
研究担当者 加藤雅也
吉田俊雄
根角博久
佐藤明彦
山田昌彦
松本光
杉浦実
生駒吉識
田中敬一
矢野昌充
発行年度 2002
要約 食品から摂取できる主要カロテノイド6種(α-カロテン、β-カロテン、β-クリプトキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチン、リコピン)を中心に、51 品目( 145 点)の果実における含有量の品目間差・品種間差を示す。
キーワード 果実、カロテノイド
背景・ねらい 果実は健康機能性成分の供給源として重要な食品群の一つである。わが国では多種類の果実が食されているが、それらの機能性成分含量を網羅的に調べた例は少ない。更に、個々の果実には多くの品種があるが品種レベルにまで踏み込んで機能性成分含量を調べた例は全くない。そこで、果実からの摂取が期待される最も重要な機能性成分であるカロテノイドを対象に、国内で消費されるほとんどすべての果実、主要な品種について組成・含有量を調べ、供給源としての重要性を明らかにする。
成果の内容・特徴 1.
カロテノイド供給源として重要(概ね 0.5mg/100g 生重以上)と思われた果実はウンシュウミカン、ポンカン、カキ、モモ(黄肉品種)、アンズ、プラム類、マンゴー、パパイア、スイカ、メロン(紅肉品種)、グレープフルーツ(紅肉品種)、ビワである(表1)。
2.
これら果実からの摂取が期待されるカロテノイドはβ-カロテン(カキ、モモ(黄肉品種)、アンズ、プラム類、マンゴー、メロン(紅肉品種)、ビワ)、β-クリプトキサンチン(ウンシュウミカン、ポンカン、カキ、モモ(黄肉品種)、ビワ、プラム類、パパイア)、リコピン(スイカ、グレープフルーツ(紅肉品種))、ゼアキサンチン(一部のモモ品種)であり、α-カロテン、ルテインについては一部の果実に少量含有されているだけである(表2)。
3.
6種以外のカロテノイドでは‐カロテンがパッションフルーツ、アンズに、フィトエンがアセロラに高含有である。
4.
カロテノイド高含有品目では、品種や栽培時期による含量あるいは組成の差は著しく大きい。
成果の活用面・留意点 1.
これまで、果実のカロテノイドの種類別含有量についての情報は国の内外を問わず質量とも極めて限られていた。今回、国内市販果実のほぼすべてについてカロテノイド組成・含有量を網羅的に測定し、品種間差等を含めて詳細に明らかにしたことで、果実摂取の意義解析、栄養指導面等への活用が期待できる。
2.
本情報では成果の概要しか報告できないが、個々のデータ(品目別・品種別・収穫時期別)については、将来ホームページ等で閲覧可能とする予定である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003228
カテゴリ アセロラ あんず 温州みかん かき 機能性成分 グレープフルーツ シカ すいか パッションフルーツ 品種 びわ ぽんかん マンゴー メロン もも

この記事は