風味の優れる中生の青ナシ新品種「秋麗(しゅうれい)」

タイトル 風味の優れる中生の青ナシ新品種「秋麗(しゅうれい)」
担当機関 果樹試験場
研究課題名
研究期間 1982~1999
研究担当者 町田 裕
梶浦一郎
壽 和夫
佐藤義彦
増田亮一
阿部和幸
栗原昭夫
緒方達志
齋藤寿広
寺井理治
西端豊英
正田守幸
樫村芳記
小園照雄
福田博之
木原武士
鈴木勝征
発行年度 1999
要約 ニホンナシ新品種「秋麗」は、「幸水」に「筑水」を交雑して育成した中生の青ナシ品種である。好ましい風味を有し、肉質ち密で高糖度であり良食味である。栽培容易で収穫前落果も少ない。
背景・ねらい 「二十世紀」が全国的に広く普及して以来、我が国における青ナシの品種構成はほぼ「二十世紀」単一といってよい状況が続いてきた。そのため「二十世紀」の前に収穫できる食味の優れた青ナシ品種の「秀玉」を育成したが、これより栽培性が優れる青ナシ品種を育成しようとした。
成果の内容・特徴
  1. 1982年(昭和57年)に「幸水」に「筑水」を交雑して育成した品種である。個体番号は「281-9」で1984年(昭和59年)に定植し、1991年(平成3年)に一次選抜した。1992年(平成4年)から「ナシ筑波46号」の系統名でナシ第6回系統適応性検定試験に供試して検討した。その結果、平成11年度同試験成績検討会議において新品種候補に決定し、2000年(平成12年)10月25日付けで「秋麗」と命名され、「なし農林21号」として登録・公表された。
  2. 樹勢は中で枝梢の発生は多い。腋花芽の着生は多く、短果枝の維持も容易である。開花期は4月20日頃で「幸水」とほぼ同時期である。育成地での成熟期は9月上旬頃で「秀玉」とほぼ同時期に収穫される(表1)。収穫前落果の発生は「秀玉」に比べて少ない。黒斑病には抵抗性で、黒星病やその他の病害虫に対しては慣行防除で対応できる。
  3. 果形は扁円形で完熟果の果皮色は黄緑色である。有袋果の外観は「二十世紀」と同様に美麗であるが、無袋栽培では中程度のさびを果面全体に生じる。果実重は350g程度で「秀玉」より小さい。果肉硬度は4.3lbs.程度で「秀玉」よりやや軟らかく、肉質はち密で果汁も多い。果汁糖度は13%程度で「秀玉」よりやや高く、果汁のpHは5.1前後で「秀玉」と同様に食味上はほとんど酸味が感じられない。好ましい風味を有し食味は優れている。心腐れの発生はほとんどみられないが、みつ症が発生することがある。果実の日持ち性は25℃で10日前後で「秀玉」と同程度である(表1、図1)。
成果の活用面・留意点
  1. 全国のナシ栽培地帯で栽培が可能である。
  2. 無袋では果面全体にさびが少なからず発生するが、食味が優れる青ナシであり、対面販売向けの品種として普及が見込まれる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003110
カテゴリ 害虫 黒星病 栽培技術 新品種 抵抗性 品種 防除 良食味

この記事は