種子が少なく食べやすいキンカン新品種「ぷちまる」

タイトル 種子が少なく食べやすいキンカン新品種「ぷちまる」
担当機関 果樹試験場
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者 吉田俊雄
根角博久
吉岡照高
家城洋之
伊藤祐司
野々村睦子
上野勇
山田彬雄
村瀬昭治
瀧下文孝
発行年度 1998
要約 キンカン新品種「ぷちまる」は「ナガミキンカン」に「4倍体ニンポウキンカン」を交雑して育成した3倍体のキンカンである。極少核性で食べやすい。成熟期は1月で、果皮の甘味が強く食味良好である。
背景・ねらい
現在、経済栽培されているキンカン品種「ニンポウキンカン」は、種子が多く食べにくいことが改良すべき点である。そこで、有核で果実品質は劣るが、単胚性のため雑種の獲得が容易な「ナガミキンカン」を母親に、果実が「ニンポウキンカン」に比べてやや大きく、食味は比較的良いが、有核の「4倍体ニンポウキンカン」を父親にして交配を行い、種子が無くて食べやすく、食味が良いキンカンの育成を図った。
成果の内容・特徴
  1.  1987 年(昭和 62 年)に果樹試験場興津支場(現カンキツ部興津)において、「ナガミキンカン」に「4倍体ニンポウキンカン」を交雑して育成した3倍体の品種である。1989 年(平成元年)にウンシュウミカンに高接ぎし、1990 年(平成2年)に初結実した。1992 年(平成4年)に一次選抜し、同年4月からカンキツ第7回系統適応性・特性検定試験で検討してきた。
  2.  果実は長球形で、育成地では 11g外であるが、沖縄県等の暖地では 20g に達する。果皮は濃橙色、厚さ4mm内外で、果皮歩合が高い。果皮はやや硬く、「ニンポウキンカン」と同程度で、「ナガミキンカン」よりやや柔らかい。果面は滑らかで 12 月~1月上旬に完全着色する。果肉は橙色で柔らかく、果汁量はやや少ない。果皮の甘味は 強く、苦味はない。成熟期は1月で、果皮ごと食べる食味は良好である。しいなが1~2粒あるが、完全種子はほとんど無く食べやすい(表1、図1)。
  3.  樹勢は中庸で、樹姿は中間である。短いとげが少しみられるが、樹勢が落ち着けば発生しなくなる。かいよう病には抵抗性があり、そうか病に対してもかなり強い(表1)。カンキツトリステザウイルスによるステムピッティングの発生は中程度である。
成果の活用面・留意点
  1.  秋から冬にかけて温暖で、果実肥大の良好な暖地での栽培や施設栽培に適する。栽培適地である沖縄の特産物として特に期待されている。
  2.  10 日前後の間隔で3~4回開花するが、1番花の果実が最も肥大が良く、熟期が早い。遅く開花したものは果実が小さく未熟果となる。そのため、結果枝(春枝)の伸長、充実を図るとともに、開花期から幼果期にかけて園地の乾燥を防ぎ、1~2番花の結実を確保することが重要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003080
カテゴリ 温州みかん 乾燥 きんかん 施設栽培 新品種 高接ぎ 抵抗性 品種 良食味 その他のかんきつ

この記事は