ブドウ新品種「陽峰」

タイトル ブドウ新品種「陽峰」
担当機関 福岡農総試
研究課題名
研究期間 1994~1995
研究担当者
発行年度 1995
要約 着色・外観良好な,赤色系,早熟性の四倍体生食用ブドウ「陽峰」を育成した。
背景・ねらい
温暖多雨地帯における施設栽培に適した生食用ブドウ品種として,耐病性を有し,早熟でかつ赤色系の大粒の多収性品種の作出が求められている。
このような品種を作出するための育種素材を選定し,交雑実生から選抜・育成する。
成果の内容・特徴
  1. 昭和50年「巨峰」に「アーリー・ナイアベル」を交雑し,昭和61年に一次選抜した。平成元年からブドウ第6回系統適応性検定試験に供試して検討を重ねた結果,優秀と認められ,平成7年9月6日付けで「ぶどう農林14号」として登録・公表された(表1)。
  2. 樹勢は中~やや強で(表2),テレキ5BB台ではほとんど台負けは見られない。新梢の伸びは「キャンベル・アーリー」よりやや旺盛であるが,「巨峰」より劣り,樹冠の広がりは「巨峰」よりも小さい(データ略)。
  3. 果房は円筒形で,花振い性は中程度。着粒は粗~中程度で比較的強い新梢に良く結実する(表2,一部データ略)。
  4. 果粒の形は円~短楕円。果皮色は着色良好な赤色で,平均果粒重8.3g。糖度17.5%で「巨峰」並み,酸度は0.61%と中位で,フォクシー香を有し,果肉は塊状でやや軟らかいが,はく皮性が容易で食味良好である(表2)。
  5. 果皮は比較的厚く,裂果はほとんど見られず,果実の日持ちは中位である(表2,一部データ略)。
  6. 熟期は育成地で8月中旬~下旬であり,「キャンベル・アーリー」とほぼ同時期で,「巨峰」よりやや早い早熟性品種である(表2)。
  7. 施設での通常管理ではこれまで目立った病害の発生はなく,生理障害もみられない(データ略)。
成果の活用面・留意点
  1. 早熟で,外観良好な赤色系ブドウ品種として普及することが見込まれる。
  2. 四倍体ブドウとしては樹勢が中位で,生育の良い新梢に良果を生産する傾向が見られるため,強めの新梢が発生するような剪定や肥培管理を行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003000
カテゴリ 育種 施設栽培 新品種 生理障害 多収性 肥培管理 品種 ぶどう 良食味

この記事は