ペチュニアの香気成分の系統間差

タイトル ペチュニアの香気成分の系統間差
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所
研究課題名
研究期間 2004~2006
研究担当者 安藤敏夫(千葉大学)
近藤雅俊(筑波大学)
大久保直美
中山真義
発行年度 2006
要約 ペチュニア原種(Petunia axillaris)の香気成分には系統間差がある。発散成分の系統間差は内生成分の安息香酸メチルに起因する。いくつかの系統には、イソオイゲノールと新規化合物ジヒドロコニフェリルアセテートが存在する。
キーワード ペチュニア、香気成分、イソオイゲノール、ジヒドロコニフェリルアセテート
背景・ねらい  ペチュニア原種(Petunia axillaris)には官能的に香りの強弱が異なる系統が存在する。それらの系統について香気成分の発散成分、内生成分を解析し、それぞれの香気成分の系統間差を生じさせる要因を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. P. axillaris 系統の主要内生香気成分は安息香酸メチル、イソオイゲノール、安息香酸ベンジルである。
  2. 香気成分の発散成分、内生成分には系統間差が見られる(図1)。発散成分と内生成分の組成比の違いは、各香気成分の蒸気圧によるものであり、発散成分量の系統間差は、内生成分の安息香酸メチル量に起因する。
  3. いくつかの系統中に、香気成分量と同様の経時変化を示す未知化合物が存在する。その化合物は、生合成上イソオイゲノールと近接の、新規化合物ジヒドロコニフェリルアセテートである(図2)。
  4. ジヒドロコニフェリルアセテートとイソオイゲノールの有無により、系統は3つに分けられる。これら二つの化合物は、系統間でほぼ排他的に存在する(図3)。
  5. 以上のことから、内生成分の系統間差を生じさせる調節段階の一つは、イソオイゲノールとジヒドロコニフェリルアセテートの分岐点にあると考えられる。
成果の活用面・留意点
  1. 花の香りの強弱を制御するための基礎的知見となる。
  2. ペチュニア原種系統は、香気成分生合成酵素および遺伝子の単離に利用できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010002959
カテゴリ ペチュニア

この記事は