森林の多様な機能を総合発揮させる森林管理システムの開発

タイトル 森林の多様な機能を総合発揮させる森林管理システムの開発
担当機関 (独)森林総合研究所
研究課題名
研究期間
研究担当者
発行年度 2005
要約 森林資源のモニタリングに有効な評価指標を抽出し、森林計画の策定を支援するための手法を開発するとともに、より効果的な総合発揮又は公益的機能の低下を阻止するための施業法や森林作業の改善法を開発しました。
背景・ねらい 木材生産や水土保全等の働きに加え、森林に生物多様性の維持や安らぎを求める人が増えています。森林の多様な機能を複合的に発揮させるため、有効な森林資源モニタリングデータの解析手法の開発に取り組むとともに、森林施業の指針の作成や森林作業が環境に与える負荷の軽減指針を開発しました。また、森林計画の策定を支援するため、人々の森林に対する認識構造の解析手法や社会的・自然的条件を合わせた公益的機能評価のためのモデルの開発をめざしました。

*ランドモザイク構造;森林、草地、水田、畑、宅地、池沼・河川など、異なる生態系がモザイク状に配置する地理的構造。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010002800
カテゴリ 管理システム 水田 モニタリング

この記事は