森林生物機能の高度利用技術の開発

タイトル 森林生物機能の高度利用技術の開発
担当機関 (独)森林総合研究所
研究課題名
研究期間
研究担当者
発行年度 2005
要約 植物成長抑制活性を有する樹木成分が存在すること、シイタケの匂い成分が培地成分によって変わること、ウスヒラタケがダイオキシンを分解することを明らかにしました。
背景・ねらい 森林生物が有する多様な機能を解明し、それを利用して新素材を開発することが求められています。そのために森林資源を利用した機能性素材の開発、森林生物の機能を利用した環境保全・修復技術に向けた森林生物機能の高度利用技術の開発をめざしました。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010002791
カテゴリ 機能性 しいたけ

この記事は