「ハマナスW1」を用いたF1雌豚のデュロック系統との組み合わせ能力

タイトル 「ハマナスW1」を用いたF1雌豚のデュロック系統との組み合わせ能力
担当機関 北海道立畜産試験場
研究課題名
研究期間 2000~2000
研究担当者 山田 渥
米道裕彌
梶野清ニ
森嵜七徳
小泉 徹
内藤 学
山崎 昶
川崎 勉
高谷和宏
発行年度 2000
要約 「ハマナスW1」を用いたF1雌豚と「ゼンノーD01」による交雑肉豚は、日増体重、飼料要求率が「サクラ201」を雄系統としたものに比べ優れる。格付け成績は、「ゼンノーD01」を雄系とした交雑豚が優れる傾向にあった。肉質に雄系統による違いはない。
背景・ねらい 高品質豚肉の安定的供給を目的に、北海道において「ハマナスW1」を利用したハイブリッド豚生産事業(ハイコープ豚事業:ホクレン)が展開されている。
この事業では、今後、雄系統として利用されているデュロック系統豚「サクラ201」に代わり、「ゼンノーD01」を用いる計画である。そこで、「ハマナスW1」を用いたF1雌豚と「ゼンノーD01」の組み合せ能力について検討する。
成果の内容・特徴
  1. 「ゼンノーD01」を雄系統とした系統間交雑豚の日増体重および飼料要求率は、肥育前期および後期ともに良好であり、「サクラ201」を雄系統としたものに比べ優れる(表1)。
  2. 出荷枝肉の成績は、「ゼンノーD01」を雄系とした交雑豚の枝肉上物率が優れた(表3)が、背脂肪厚は、サクラ系およびゼンノー系で同等である。また、交雑肉豚の胸最長筋の水分含量、粗脂肪含量、およびPHは、交配雄系統による違いはない(表2)。
  3. 「ゼンノーD01」を雄系とした交雑豚の枝肉上物率は、雌では枝肉重量65~79.5kgの範囲で同等であった。去勢は出荷日齢が早く枝肉重量72kg未満のものが良好であり(図1、2)、肥育期に飼料の制限を行わず、体重106~110kgで出荷するのが良いと思われた。
成果の活用面・留意点
  1. 系統交雑肉豚生産事業に活用する。
  2. サクラ201からゼンノーD01へ切り替える際の移行期には、発育差が生じると考えられるので、肉豚を雄系統別に分けて飼育する必要がある。
  3. 枝肉上物率の雄系統による違いを、ハイコープ豚事業の中で検討する必要がある。

平成12年度北海道農業試験会議成績会議における課題名および区分
課題名:「ハマナスW1」を用いたF1雌豚のデュロック系統との組み合わせ能力
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010002395
カテゴリ さくら 出荷調整 なす

この記事は