ホウレンソウケナガコナダニの薬剤感受性検定

タイトル ホウレンソウケナガコナダニの薬剤感受性検定
担当機関 北海道立中央農業試験場
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者 中尾弘志
発行年度 1999
要約 ホウレンソウケナガコナダニに対して茎葉散布剤ではDDVP乳剤の効果が最も高く、感受性の低下は認められない。DDVP乳剤の2葉期1回散布の効果はあるが、発生が多い場合には収穫期までの被害をおさえられない。DCIP粒剤とDDVP乳剤2回散布を組み合わせると効果は安定する。
背景・ねらい ほうれんそうのホウレンソウケナガコナダニによる被害はハウス、ハウス雨よけ栽培の増加とともに全道各地で問題となり、発生生態が明らかにされ、防除対策が講じられてきた。しかし、近年本種に対する指導薬剤の効果が低下し、被害が増加しているとの意見があり、防除対策への要望が多くなっている。そこで、薬剤の感受性検定を実施し、有効な薬剤の組み合わせによる防除法を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 薬剤感受性検定試験
    1)ディッピング法(薬液直接浸漬)による薬剤感受性検定
    ほうれんそうに登録のある8薬剤のうち、ホウレンソウケナガコナダニに効果が認められた薬剤はDDVP乳剤(50)で、感受性の低下は認められなかった(表1)。
    2)ろ紙接触法による薬剤検定
    供試した27薬剤のうち、実用濃度で効果が高かったのはDDVP乳剤(75)、ベンゾエピン乳剤、プロフェノホス乳剤であったが(表2)、いずれもほうれんそうに登録はない。
  2. 防除試験
    1)DDVP乳剤の2葉期1回散布の効果は認められるが、本種の発生が多い場合には、収穫期までの被害をおさえることはできない。
    2)エントマイト(生物農薬;トゲダニの一種:未登録)による防除効果が認められる場合もあったが、効果は安定していない。放飼数、放飼時期、放飼方法の検討が必要である。
    3)ほうれんそう残渣をハウス内にすき込むとホウレンソウケナガコナダニが多発するので、圃場に残渣等を残さない。
    4)DCIP粒剤処理とDDVP乳剤2回散布を組み合わせると防除効果は安定する(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. DDVP乳剤の効果は高く、薬剤感受性の低下は認められないが、散布にあたっては直接コナダニにかかるようにする。
  2. DCIP粒剤処理と生育中のDDVP乳剤2回散布を組み合わせると防除効果はより安定する。

平成11年度北海道農業試験会議成績会議における課題名及び区分
課題名:ホウレンソウケナガコナダニの薬剤感受性検定(指導参考)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010002292
カテゴリ 農薬 ほうれんそう ホウレンソウケナガコナダニ 防除 薬剤

この記事は