極早生りんご新品種候補系統「HC15号」

タイトル 極早生りんご新品種候補系統「HC15号」
担当機関 北海道立中央農業試験場
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者 稲川裕
柿崎昌志
吉田昌幸
小賀野隆一
村松裕司
田中静幸
渡辺久昭
峰岸恒弥
野田智昭
発行年度 1999
要約 りんご新品種候補「HC15号」は極早生系統であるが、既存の早生品種と比べて果実が大きく、良食味で、日持ち性に優れる。
背景・ねらい 既存のりんごの早生品種は日持ち性に乏しく、普及されている品種が限られている。そこで、極早生品種の「マンテット」に果肉質の優れた中生の「HAC6」を交配して、早生で日持ち性のある優良な品種の育成をめざした。
成果の内容・特徴
  1. 樹姿はやや直立し、樹勢は「きたかみ」よりやや強い。枝梢はやや太く、節間長は長い。花色は淡桃色で、花弁は卵形である。発芽期~落花期まで「きたかみ」とほぼ同時期であり、収穫期は9月上旬で、「きざし」より5日程度遅く、「きたかみ」より2週間程度早い。花芽の着生は「きたかみ」と同等に良好である。早期落果はほとんどなく、収穫適期での後期落果もほとんどない。生産性は「きたかみ」と同程度に高い。
  2. 果実の大きさは250~300gで、「きたかみ」より大きく、果形は円形である。収穫適期の果皮の色は、地色が緑色で、陽向面が鮮紅色にわずかに着色する。果皮面は滑らかで、脂質は少なく、さびはこうあ部にわずかに発生する。また、心かび、裂果はほとんど発生しない(表1)。
  3. 果肉質は「きたかみ」、「きざし」より優れる。食味は「きざし」より優っている。糖度は12.5~13.5%、酸度は0.7g/100ml前後とやや酸味が多いが夏に食べる果物としてさわやかである(表2)。日持ち性が優れており、室温下でも果肉が軟化しにくく、適食期間は収穫直後から6~7日間である(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 道内の観光需要に応えられ、地場消費用の極早生品種として有望と考えられる。
  2. 同一樹内でも果実の熟期がばらつくので果実の地色2.0~2.5を目安にすぐり収穫をする。樹勢がやや強いため、新梢が遅伸びするような条件では凍害が発生する場合があるので、樹勢が強くなりすぎないように努める。

平成11年度北海道農業試験会議成績会議における課題名及び区分
課題名:りんご新品種候補「HC15号」(普及奨励)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010002260
カテゴリ 新品種 凍害 ばら 品種 良食味 りんご

この記事は