ぶどう大粒系品種「藤稔」

タイトル ぶどう大粒系品種「藤稔」
担当機関 北海道立中央農業試験場
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者 稲川裕
松井文雄
内田哲嗣
日下孝人
発行年度 1999
要約 ぶどう「藤稔」はハウス栽培であれば北海道でも栽培可能な大粒系品種で、果皮は紫黒色、果粒は極大、果皮と果肉の分離が容易で食べやすく良食味である。
背景・ねらい 近年ぶどうの主流は「巨峰」に代表される大粒系品種になりつつある。栽培面積から見ても四倍体品種を中心とした大粒系品種が全体の約40%であり、消費者の人気も高い。北海道でも今後大粒系品種が求められるようになると考えられ、現在、一部では「紅伊豆」などの果皮が赤い品種が作られているが、生産者からは品種の多様化を図るため、道内のハウスで栽培可能な果皮の黒い大粒系品種を要望する声が強い。
成果の内容・特徴
  1. 本品種は1978年、神奈川県藤沢市の青木一直氏が「井川682号」×「ピオーネ」の組み合わせで交配。1985年に種苗法に基づく品種登録がなされた
  2. 樹勢は「キャンベルアーリー」(以下「キャンベル」)よりも強い。樹体生育は「キャンベル」より旺盛だが「紅伊豆」よりは弱い。(表1)
  3. 発芽期は「キャンベル」と同時期、開花期は「キャンベル」よりやや遅い。成熟期は余市では9月中下旬で「キャンベル」より2~3週間遅く「紅伊豆」とほぼ同時期である。(表1)
  4. 1樹当たり収量は初結実から3年間の合計では「キャンベル」と同等である。(表1)
  5. 花振いは「キャンベル」より多いが、「紅伊豆」より少なく、栽培しやすい。(表2)
  6. 粒着はやや密。果粒形は短楕円形、果皮色は紫黒色、果皮と果肉の分離は容易であり食べやすい。果肉特性は崩壊性と塊状の中間で果肉の硬さは軟らかい。弱いフォクシー香が感じられる。裂果はわずか。果粒は極大、糖度は高く酸は少ない。(表1、表2)
  7. 食味調査では「藤稔」の食味が「良い」、「非常に良い」とした回答が80%であった。(表3)
  8. 年間3回程度の病害虫防除を行ったが、問題となる病虫害の発生は見られていない。
成果の活用面・留意点
  1. ハウス栽培用品種の多様化が図られる。
  2. 樹勢が強いので弱剪定を心がける。

平成11年度北海道農業試験会議成績会議における課題名及び区分
課題名:ぶどう新品種候補「藤稔」(普及奨励)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010002249
カテゴリ 新品種 品種 病害虫防除 ぶどう 良食味

この記事は