堆肥、スラリー、尿の養分含量推定法と肥効率の設定

タイトル 堆肥、スラリー、尿の養分含量推定法と肥効率の設定
担当機関 泥炭草地科北海道立十勝農業試験場
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者
発行年度 1998
要約 乳牛糞尿処理物の養分含量は電気伝導度と乾物率の測定で簡易な推定が可能である。維持管理時の草地に施用した糞尿処理物の窒素肥効率は施用時期により大きく変動する。そこで、草地に施用した乳牛糞尿処理物の基準肥効率(Rs,%)を設定した。
背景・ねらい 家畜糞尿の積極的な活用を促進するため、簡易な分析機器を用いて糞尿処理物中の養分含量を推定する手法を明らかにする。また、草地へ還元した糞尿に含まれる養分のうち、牧草に利用される割合すなわち「肥効率」を糞尿処理物の形態別に設定する。
成果の内容・特徴
  1. EC(電気伝導度)の測定により、堆肥のK2O、NH4-N含量、スラリーのT-N、NH4-N、K2O含量、尿のT-N、NH4-N、K2O含量の推定が可能であり、これにDM(乾物率)を加えた重回帰式によって堆肥のT-Nおよび堆肥、スラリー、尿のP2O5含量を推定できる(表1,2)。また、簡易型反射式光度計の利用により、さらに高い精度で、堆肥、スラリーのNH4-N含量が推定できる。
  2. 堆肥の窒素肥効率(NR%,年間)は、秋施用では春施用と比べ5割程度低下し、1番草における肥効率に大きな差が認められる。スラリーでは施用時期により10~33%と大きく変動し、火山性土および台地土では春施用≧秋・春施用>秋施用、泥炭土では秋・春施用>春施用>秋施用の順に高い値を示した。尿では土壌の違いにかかわらず春施用>秋施用である。このように、糞尿処理物の窒素肥効率は施用量よりも施用時期により大きく変動する(図1)。
  3. 草地へ還元した糞尿に含まれる養分のうち、牧草に利用される割合を「肥効率(R,%)」とし、本試験で得られた結果および既往の報告から、草地への春施用を前提とした乳牛糞尿処理物の基準肥効率(Rs,%)を設定した(表3)。Rは施用量(A)、施用時期(T)、品質(Q)などによって変動するため、今後それら変動要因の相対関係を数値化することにより、さらに具体的な値が求められる(R=Rs×A×T×Q×・・・)。これに、糞尿処理物の養分含量(C,kg/t)を乗ずることで、糞尿処理物から供給される養分量(Y,kg/t)を評価することができる(Y=C×R)。
成果の活用面・留意点
  1. 採草地の維持段階を対象とし、「北海道施肥標準」および「土壌診断に基づく施肥対応」に準拠する。
  2. 堆肥、スラリー、尿の分析にあたっては、現物を代表する均一な試料を採取する。
[平成10年度北海道農業試験会議成績会議における課題名及び区分]
課題名:堆肥、スラリー、尿の養分含量推定法と肥効率の設定(指導参考)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010002142
カテゴリ 施肥 土壌診断 乳牛

この記事は