「ハマナスW1」のランドレース系統との組合わせ能力

タイトル 「ハマナスW1」のランドレース系統との組合わせ能力
担当機関 道立滝川畜産試験場
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者
発行年度 1998
要約 大ヨークシャー系統豚「ハマナスW1」とランドレース系統豚「クニエル」、「ゼンノーエル01」、または「ハマナスL1」との組合わせ利用において、F1母豚の繁殖成績、F1母豚に「サクラ201」をかけ合わせた三元交雑肉豚の発育および枝肉成績は系統組合わせ間で大きな違いはなかった。
背景・ねらい 系統豚を利用した交雑肉豚生産事業が本道でもすすめられてきている。この中で利用されているランドレース系統豚「クニエル」は、今後、順次「ゼンノーエル01」に置き換える予定である。
 そこで、「ハマナスW1」(W)と「ゼンノーエル01」(LZ)によるF1母豚の繁殖成績、およびこれに「サクラ201」(D)をかけ合わせた三元交雑肉豚の産肉能力を、従来利用されているランドレース系統豚(クニエル:LK、ハマナスL1:LH)との組合わせ成績と比較検討する。
成果の内容・特徴
  1. WLZおよびWLH母豚の3~6産の繁殖能力は、従来ハイコープ事業に用いられているWLKと比較し、同等もしくはそれ以上であった(表1)。
  2. 三元交雑豚の増体速度はいずれの系統組み合わせも速く、系統組合せ間の能力差はわずかであった。体脂肪の蓄積については、系統組合せ間で異なる傾向にあり、WLKDが多く、WLHD少なく、WLZDはその中間程度であった(表2)。
  3. 現行のハイコープ豚飼養マニュアルに準じて飼育し、110kgを屠殺目標体重とした場合の肉豚の格付け上物率は、去勢豚ではいずれの系統組合せも50%以上、雌については、WLKDおよびWLZDでは60%以上であった。WLZDの雌は、薄脂による格落ちが多く上物率は37%だった(表3)。
  4. 群飼条件での肉豚の格付け上物率は、去勢についてはWLHDが50.0%と最も高く、WLKDおよびWLKDは「厚脂」による格落ちが多かった。雌においてはいずれの系統組合せも60%以上の良好な成績であった。(表4)
  5. 以上から、「ハマナスW1」とランドレース系統豚との組合せ利用において、「クニエル」、「ゼンノーエル01」、「ハマナスL1」のいずれの系統を用いても良好な生産成績が得られるものと判断された。
成果の活用面・留意点
  1. 産子数の多い母豚については里子哺育を実施する。
  2. 産子数の多い母豚については里子哺育を実施する。
[平成10年度北海道農業試験会議成績会議における課題名および区分]
課題名:「ハマナスW1」のランドレース系統との組合わせ能力(指導参考)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010002130
カテゴリ なす 繁殖性改善

この記事は