無加温ハウスを利用したエレムルスの作期の前進

タイトル 無加温ハウスを利用したエレムルスの作期の前進
担当機関 北海道農業試験場
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者
発行年度 1998
要約 秋季に定植したエレムルスを、2月上旬から換気温度を20℃に設定した無加温ハウスで栽培することにより、切り花品質が低下することなく露地より約1か月早い収穫が可能である。
背景・ねらい エレムルス(Eremurus M.Bieb.、ツルボラン科)は耐寒性が強く夏季冷涼な気候を好むため、今後北海道での生産の増加が期待される切り花品目である。しかし、露地栽培では6~7月に開花し、1品種の採花期間は10日程度と短いことから、出荷期間の拡大を図るため、無加温ハウスでの促成栽培法を検討するとともに、塊根形質が開花に及ぼす影響を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 北海道の秋季にパイプハウス内に定植したエレムルスを、2月上旬にビニルフィルムで被覆し、融雪後換気温度を20℃に設定した無加温ハウス内で栽培することにより、切り花品質が低下することなく露地より約1か月早い収穫が可能である(表1)。
  2. 無加温ハウスでの開花時期の早晩は、露地栽培での開花の早晩とほぼ一致し、'ヒマライクス'の開花が最も早く、次いで'パレード'、'ホワイト・ビューティー'であり、'ピノキオ'は最も開花が遅い(表1、図1)。
  3. 定植する塊根が小さいと開花率が低下する。開花率が80%以上となる塊根重は'ホワイト・ビューティー'では400g以上、'ピノキオ'、'クレオパトラ'では150g以上、'ステノフィルス'では100g以上である(図3)。また、芽数の多い塊根を定植することにより、株当たりの採花本数が増加する。
成果の活用面・留意点
  1. エレムルスの無加温ハウス栽培時の参考とする。
  2. 露地栽培との組み合わせにより、5月上旬から7月中旬までの切花生産が可能である。
[平成10年度北海道農業試験会議成績会議における課題名及び区分]
課題名:エレムルスの品種特性(花き遺伝資源の導入及び特性の解明)(指導参考)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010002117
カテゴリ 遺伝資源 エレムルス 栽培技術 出荷調整 耐寒性 品種

この記事は