大区画水田の適正区画規模

タイトル 大区画水田の適正区画規模
担当機関 稲作部
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者 :寺元信幸
原令幸
西村直樹
田中英彦
発行年度 1997
要約 殖民区画の水田を再整備する際のモデルとして設定した、対照標準区画を含めて8タイプの区画について求めた。造成費用・圃場作業効率・投下労働時間等のシミュレーション結果と実規模の大区画水田における水稲の生育・収量調査、水利用状況の調査結果から、適正区画規模は、1~1.5ha程度が好ましい。
背景・ねらい 北海道特有の区画形態である殖民区画(545x545m)を基盤とした大区画水田の、
現有作業機械体系を前提とした適正区画規模を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 殖民区画の水田を再整備する際のモデルとして、対照標準区画(殖民区画を
    4園区に分割し各圃区を18耕区に等分割したもの。1耕区面積0.36ha)を合め8タイプの区画を設定
    した。草刈り面積は、殖民区画を3及び4圃区に分割するモデル(ターン式農道無設定)で大幅に減少す
    るが、2圃区に分割するモデルではターン式農道のスロープ部があるため僅かの減少にとどま
    る。大区画水田の造成費は、整地費の他に暗渠、機道、用排水路の更新を含めた区
    画整理型で712~896千円/10a、また、用排水残置型では435~459千円/10aを要する(地形勾配
    1/300以下)(表1)。
  2. 機械作業についてシミュレーションを行った結果、園易作業量は、面犠の
    増加に伴い増加する傾向を示すが、1haで鈍化し、1.5haを越えるとその増加はわずかである(表1)。
    したがって現有機械を使用した連正区画は、面積では1~1.5ha、長辺長では170m程度、短辺長で
    は実作業幅の4倍以上で偶数工程になることが好ましい。
  3. 大区画水田利用の10a当たり稲作投下労働時間は対照標準区画水田に比べて
    097~1.51時間減少し、15ha規模の水稲作付げ面犠では年間150~230時間の省力化が期待できる
    (図1)。
  4. 生育収量では、突き均し工法による切り土・盛り士の影響と水口の影響で
    むらが認められる(図2)。前者に対しては既往の対応技術の導入により、後者については水口の適正
    配置と取水時刻の適正化を図ることにより、大区画化に伴う生育収量のむらは回避できるものと
    判断される。
  5. 水利用の実態調査から、水口は圃場への給水強度及び対辺までの距離を考
    慮して個数と設置位置を定める必要がある。給水強度は概ね6.5mm/h以上、対辺距離は200m以下にす
    るのが望ましい。
  6. 大区画水田の整備に当たっては、受益農家の年増加所得額が必ずしも高く
    ないことから、高補助率等生産者に対する支援策が必要となる。
成果の活用面・留意点
  1. 本成績は、現行の稲作個別経営・栽培体系を前提として大区画水田の適正
    区画規模を検討したものである。
  2. 将来、機械作業体系や、(直はんの導入等により)営農技術体系が変わる可
    能性がある場合には、その点を考慮して区画の規模と形状を定めるべきである。
  3. 区画を大きくすると、圃場の排水能力が悪くなりがちである。したがっ
    て、排水不良田は、特にその悪化が危惧されるので、排水路や暗渠等の整備及ぴ維持管理体制の強化並
    びに土壌管理に十分配慮する必要がある。
カテゴリ 経営管理 栽培体系 省力化 水田

この記事は