PCR法によるネグサレセンチュウ3種の同定

タイトル PCR法によるネグサレセンチュウ3種の同定
担当機関 北海道農業試験場
研究課題名
研究期間 1997~1999
研究担当者 串田篤彦
植原健人
百田洋二
発行年度 1997
要約 キタネグサレセンチュウ、ミナミネグサレセンチュウ及びチャネグサレセンチュウの3種が、種特異的な塩基配列に基づいて設計したプライマーを用いたPCRによって、1頭でも迅速に同定できる。北海道農業試験場・生産環境部・線虫研究室[連絡先] 011-857-9247
背景・ねらい ネグサレセンチュウは、わが国では20種以上確認されており、農業上の重要種を多数含んでいる。これらの種の識別はきわめて微細な形態的特徴によって行われており、同定には多大な労力と熟練を要する。そのため、より迅速かつ簡便な同定法の開発が求められている。そこで、18S-26SリボソームRNA遺伝子間に存在するスペーサー領域の塩基配列を決定し、種間における変異を調べ、種特異的な塩基配列に基づいてプライマーを設計し、PCRによる高感度同定法を開発する。
成果の内容・特徴 1. キタネグサレセンチュウ(Pratylenchuspenetrans)、ミナミネグサレセンチュウ(P.coffeae)、チャネグサレセンチュウ(P.loosi)について、18S-26SリボソームRNA遺伝子間に存在するスペーサー領域の配列を比較したところ、その配列に種特異性が見いだされた。
(図2)。
3. これらのプライマーを用いたPCRによって、雌雄成虫及び幼虫の全ステージにおいて、1頭でも十分に種特異的検出が可能である
(図3)。
成果の活用面・留意点 1. 公的研究機関へは、プライマーを供給できる。
 
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010001982
カテゴリ

この記事は