キュウリモザイクウイルスの遺伝子型識別

タイトル キュウリモザイクウイルスの遺伝子型識別
担当機関 北海道農業試験場
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者 寺見文宏
発行年度 1997
要約 2種類のサブグループからなるキュウリモザイクウイルスについて、それぞれのサブグループに特有な塩基配列を見いだし、その配列を利用して両者を識別して検出する遺伝子診断法を開発した。
背景・ねらい キュウリモザイクウイルス(CMV)は、単子葉草本植物から
双子葉木本植物までの広い宿主範囲を持つ重要病原ウイルスである。北海道では、
イネ・ムギ類を除く主要作物で、CMVによるモザイク病や萎縮病が大きな被害を
与えている。CMVは、他のすべて植物ウイルスと同じく、有効な防除薬剤かなく、
その防除対策の確立を目指して、抵抗性遺伝資源の探索、弱度ウイルスの開発等が
積極的に進めらている。しかしCMVには遺伝子型が異なる2種類のサブグループが
存在し、両者が混合感染して複合ウイルス病害を引き起こすことが知られている。
そのため両者の混合感染の有無を明確に判定できる検定技術の確立なしには、CMVの
効果的な防除及び抵抗性作物の効率的な開発が困難である。
成果の内容・特徴 1. サブグループⅠ属するCMV-Y、-Fny、-O、-M、-C
の5系統とサブグループⅡ属するCMV-Q、-Kin、-WL、-TRKの4系統について、
それぞれの公開されている外被タンパク質遺伝子の塩基配列を比較解析すると、
すべての系統で塩基配列が同一の領域(CMV共通領域)と、それぞれのサブグループ
に属する系統間でのみ塩基配列が同一である領域(サブグループ特異的領域)が見いだ
される(図1)。
2. サブグループ特異的領域に対するプライマーとCMV共通領域
に対するプライマーを用いて逆転写PCRを実施することにより、サブグループⅠ属す
るCMV-Y、-Ta9、-Ta17の3系統とサブグループⅡ属するCMV-P、-Ta8の
2系統の外被タンパク質遺伝子の遺伝子型を明確に識別できる
(図2)。
3. 両サブグループの外被タンパク質遺伝子の逆転写PCRにより
同時に増幅するためには、
プライマーA(5’CGAGTCATGGACAAATCTGAATCAA3’)、
プライマーB(5’ACATCTATTACCCTGAAACCGCCTG3’)、及び
プライマーC3E2C(5’AGYCCTTCCGAAGAAAYCTAGGAGA3’)
の混合プライマーが最適である。このプライマーカクテルを用いた逆転写PCRに
よって、CMV-Yと-Pの2系統を接種したタバコについて、CMV-Y単独感染株、
CMV-Y単独感染株及び両系統の混合感染株の識別が可能である
(図3)。
成果の活用面・留意点 1. CMVのサブグループの識別が容易に行え、複数のCMV系統による混合感染の有無が調べられる。
2. すべてのCMV系統に適用できることを確認する必要がある。
3. 外被タンパク質遺伝子のみを検出対象としているので、ゲノムの置換やRNA組み換えの有無についての情報は得られない。
 
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010001968
カテゴリ 萎縮病 遺伝資源 きゅうり 植物ウイルス たばこ 抵抗性 防除 薬剤

この記事は