農作業による環境影響評価のためのLCAソフト

タイトル 農作業による環境影響評価のためのLCAソフト
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 中央農業総合研究センター
研究課題名
研究期間 2000~2003
研究担当者 関 正裕
金谷 豊
佐々木豊
小林 恭
発行年度 2004
要約 本ソフトは、標準作業体系選択機能、環境負荷計算機能 (CO2、NOx、SOx、CH4、N2O)、環境影響度グラフ表示機能、データ管理機能を有し、資材量、作業機名、使用燃料等を入力、または画面上で選択することにより環境負荷量を算出することができる。
キーワード 農作業、LCA、環境影響評価、燃料、CO2排出量
背景・ねらい
地球温暖化防止、環境保全の観点から化石エネルギー使用の節減と新エネルギー等の有効利用がこれまで以上に強く求められている。そこで、新たな農作業技術の導入による環境負荷低減効果、及び機械作業や肥料・農薬等の資材投入の際の各種環境負荷物質の排出量を、ライフサイクルアセスメント(LCA)手法に基づいて算出・評価するソフトウェアを作成する。
成果の内容・特徴
1.
本ソフトは、「環境研究」:環境影響評価のためのライフサイクルアセスメント手法の開発の成果である「LCA手法を用いた農作物栽培の環境影響評価実施マニュアル」(農環研2003)に準拠している。
2.
図1)。
3.
図2)、直接、数値を入力することもできる。
4.
環境負荷量を算出する項目は、温暖化エネルギー収支CO2、温暖化土壌面収支(作物の生産による土壌からの排出、吸収と作物残渣の焼却による排出)、栄養塩類(窒素投入量と作物体による吸収等)、廃棄物(プラスチックのリサイクル率)、農薬(投入量と毒性)である。
5.
図3)、改善効果の確認が可能である。
成果の活用面・留意点 1.
新技術の環境面での導入効果の検証に活用できる。
2.
評価の対象は播種(播種準備を含む)から出荷までで、農業機械や施設の建設にともなう環境負荷量は考慮していない。
3.
本ソフトは、Microsoft Windows上で動作する。
4.
本ソフトは、希望者に配布予定である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010001514
カテゴリ 環境負荷低減 出荷調整 データ管理 農薬 播種

この記事は