大豆播種後の降雨による出芽不良を軽減する山形鎮圧方式

タイトル 大豆播種後の降雨による出芽不良を軽減する山形鎮圧方式
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター
研究課題名
研究期間 2002~2005
研究担当者 関正裕
高橋仁康
田坂幸平
発行年度 2003
要約 慣行の大豆播種機の鎮圧輪を山形鎮圧輪に換えることで、降雨による大豆の出芽不良を軽減する。播種後3~5日間で100mm以上の激しい降雨があった場合および、その後にクラスト(土膜)を形成した場合に、出芽率の低下をおよそ10~20ポイント軽減できる。
キーワード ダイズ、出芽不良、クラスト、適期播種
背景・ねらい
 九州北部の大豆播種適期は梅雨末期であり、播種後の激しい降雨で湿害となったり、その後の急激な乾燥でクラストを形成し、出芽不良となる場合が多い。山形鎮圧輪を使用することで、このような場合の出芽率低下を軽減することを目的としている。
成果の内容・特徴 1.
山形鎮圧輪は慣行の大豆播種機の鎮圧輪と簡単に交換できる。(図1)
2.
山形鎮圧輪は二つの円錐の頂点を合わせた鼓型の形状であり、回転しながら鎮圧し種子列上部には尾根部を、その左右には谷部を形成する。(図1、図2)
3.
激しい降雨時は尾根部の比較的細かい土壌が谷部へと流出する。表面積が大きいこともあり、尾根部が速やかに乾燥することが観察される。(図2、図3)
4.
降雨後の乾燥時に尾根部へひび割れが生じるため種子上のクラスト形成を阻害し、割れ目から大豆の出芽が観察される。(図3)
5.
播種後3~5日の内に100mm以上の激しい降雨があった事例で出芽率の向上が認められる。(表1)
成果の活用面・留意点 1.
湿害の起こりやすい圃場や湿害が予想される圃場に使用できる。
2.
乾燥条件では出芽率が低下する場合がある
3.
アップカットロータリによる麦稈すき込み一工程播種同時作溝技術と組み合わせることで、梅雨の合間に速やかに播種し、天候への適応性の高い大豆播種が可能となる。
4.
現在、大豆播種機メーカーが市販化を検討中である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010001415
カテゴリ 乾燥 湿害 市販化 出芽不良 大豆 播種

この記事は