温湯消毒と巻取補助装置を組入れたロングマット水耕苗の育苗・移植体系

タイトル 温湯消毒と巻取補助装置を組入れたロングマット水耕苗の育苗・移植体系
担当機関 (独)農業技術研究機構 中央農業総合研究センター
研究課題名
研究期間 1994~2003
研究担当者 屋代幹雄(東北研)
宮坂篤
佐々木豊
小倉昭男
森田弘彦(九州研)
田坂幸平(九州研)
梅本雅
白土宏之
北川寿
発行年度 2002
要約 水稲ロングマット水耕苗の育苗・移植技術において、温湯消毒法および巻取補助装置を組み入れることにより、育苗から移植までのワンマンオペレーション可能な、環境保全にも配慮した、省力・軽作業の移植栽培体系ができる。
キーワード 水稲ロングマット水耕苗、温湯消毒、巻取り、軽作業、移植栽培体系
背景・ねらい ロングマット水耕苗の育苗・移植技術は、田植え作業を軽労化し、同時に省力化をもたらす技術として期待される(平成8,12年成果情報、以下同様)。ロングマット水耕苗技術に新たな要素技術を組み込むことで、ワンマン化が可能で、環境にも配慮した省力移植栽培体系を確立するとともに、その技術の特徴と栽培上の留意点を明かにする。
成果の内容・特徴 1.
水耕育苗では、種子消毒剤による根の伸長阻害(H12)を避けるため、農薬は使わず温湯消毒した種籾を用いる(図1)。また、山を削り取って床土を採取する必要もない。循環型養液栽培で、加えた肥料は殆ど稲に吸収させてから廃液する方式(H12)である。これらのことから、ロングマット水耕育苗は環境にも配慮した技術である。
2.
育苗中の病気や藻の発生は、出芽までに日数が長くかかった場合に多く、出来るだけ早く出芽を揃えることが肝要である。このため、催芽が充分に進んでおり、かつ均一に揃った種籾を播種し、播種後3日間位は高温(昼間30夜20℃以上)で管理を行う。
3.
巻取補助装置は、無段階変速装置を付加して操作性を向上している。これを使えば鉄板を用いた時間の半分以下で、しかも1人で巻き取れる。巻取補助装置により、播種から移植まで完全ワンマン化が可能で、田植えまでの作業時間は土付苗の半分以下となる。
4.
ロングマット水耕苗では欠株がやや多いものの、活着は土付苗と殆ど差はなく(H13)、除草剤も活着後は同様に散布できる(H11)。出穂は1日程度遅れるものの、収量については土付苗と比較して遜色ない(表1)。
5.
経営評価の結果、土付苗移植等慣行体系では60haが限界規模だが、ロングマット苗を組込んだ輪作体系では93haとなり、所得も1.5倍で、その時のロングマット苗面積は9haとなる。更に、軽労化を重視するとロングマット苗が土付苗に代わり採用される(図2)。
成果の活用面・留意点 1.
育苗・田植えを行うには、市販の育苗関連機器とロングマット田植機(機種限定、モニター販売中)が必要で、巻取補助装置もまもなく市販化の予定である。
2.
苗の出来・不出来が、巻取りおよび移植精度に大きく影響する。このため、育苗は、「ロングマット苗の育苗・移植技術マニュアルVer.2(中央農研)」に準じて行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010001256
カテゴリ 育苗 温湯消毒 経営管理 軽労化 栽培体系 市販化 種子消毒 省力化 除草剤 水稲 農薬 播種 養液栽培 輪作体系

この記事は