蛍光性細菌共生によるレタス健苗生産

タイトル 蛍光性細菌共生によるレタス健苗生産
担当機関 兵庫県立中央農業技術センター
研究課題名
研究期間 2000~2000
研究担当者 岩田均
小河甲
大塩哲視
牧浩之
発行年度 2000
要約 レタスは種時に、蛍光性細菌を接種すると、苗に蛍光性細菌が共生し、均質な育苗が可能となる。また、この苗は地上部の徒長が抑制され、地下部の生育も順調なため、T/R比の低い良質な苗となり、定植後のレタスの生育も良好である。
背景・ねらい  兵庫県では、淡路地域を中心に、温暖な気候、市場への至近性を活かしたレタス栽培が行われている。近年、省力化をめざしてセル成型苗+機械移植技術が普及しつつあるが、秋どりの作型では、8~9月の高温期に育苗するため、苗の徒長や不均質が発生しやすく、本田で活着不良を招き、安定生産を阻んでいる。そこで、生育調節機能を持った蛍光性細菌を選抜し、レタス苗に共生させる事により、徒長を抑制し、活着の促進を図る。
成果の内容・特徴
  1. インキュベータ内でレタス実生を用いた蛍光性細菌の選抜技法(バイオアッセイ試験)を開発し、約500菌株の蛍光性細菌の中から、レタス実生の下胚軸や子葉、本葉第1~3葉の伸長を抑制する菌株を選抜した(図1)。
  2. バイオアッセイ試験により選抜した菌を、レタス種子にコーティングして育苗すると、地上部の伸長を抑制し、地下部の生育は良好なため、T/R値の低い良質な苗となる(図2、表1)。
  3. 共生苗に、50%程度の遮光を施し、人工的に徒長しやすい条件にすると、特に効果を発揮する事から(図3)、この蛍光性細菌の生育抑制効果は、レタス苗の徒長の抑制に有効である。
  4. 共生苗は根量が多く、地上部がコンパクトなことから、定植後の活着がよく、その後の生育は良好で、定植1か月後の株張りは無接種苗と同等である。最終的な生育・収量は無接種に比べて同等か、やや優る(表1)。

成果の活用面・留意点
  1. レタス栽培におけるセル成型育苗に適用する。
  2. 接種した菌に悪影響が考えられるので育苗培土の土壌消毒は行わない。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010001137
カテゴリ 育苗 栽培技術 省力化 土壌消毒 レタス

この記事は