水稲移植栽培における黒色の軽量再生紙マルチの雑草抑制効果

タイトル 水稲移植栽培における黒色の軽量再生紙マルチの雑草抑制効果
担当機関 環境
研究課題名
研究期間 1999~2001
研究担当者 三谷誠次郎
松田悟* 
塩美津代
伊藤邦夫(* 現日野地方農林振興局)
発行年度 1999
要約 黒色に着色した軽量再生紙マルチ(90g/㎡)は、着色しない軽量再生紙マルチや再生紙マルチ(120g/㎡)に比べ雑草抑制効果が高く、従来の再生紙マルチと同様に水稲移植栽培に利用できる。
背景・ねらい  再生紙マルチ水稲栽培は年々増加してきているものの、再生紙マルチ田植えに多労を要しており、再生紙マルチの軽量化や多条化による省力・軽労化が強く要望されている。そこで、従来の再生紙マルチを4分の3に軽量化した軽量再生紙マルチの雑草抑制効果を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 黒色に着色した軽量再生紙マルチは、着色しない軽量再生紙マルチや再生紙マルチ(120g/㎡)に比べ雑草抑制効果が高く実用的である。(表1、表3)
  2. 黒色の軽量再生紙マルチは、植え穴からのヒエ発生が少なくなる(表2)。
  3. シート状を維持している紙の残存期間は、無着色の軽量再生紙マルチで30~45日、黒色の軽量再生紙マルチで45~60日、再生紙マルチで50~60日であった。
成果の活用面・留意点
  1. 中間・平坦地での試験結果であり、山間地での効果は未確認である。
  2. ヒエの発生が多い圃場では手取り除草を併用する。
  3. 5条用の再生紙マルチ田植機に軽量再生紙マルチを使用する場合は、紙支えバーの本数を増やす必要がある。

表4 
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010001007
カテゴリ 軽労化 雑草 除草 水稲 ひえ

この記事は