歩行型全自動タマネギ移植機

タイトル 歩行型全自動タマネギ移植機
担当機関 兵庫県立中央農業技術センター
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者 小林尚司
松本 功
置塩康之
米谷 正
発行年度 1999
要約 本機は歩行型 2条の全自動タマネギ移植機である。植付けは作溝土寄せ方式で、株間は 9.5cm~12.0cm、輪距は1.2m~1.4mまで調節できる。植付精度は極めて良好で、作業能率は2.2時間/10aと人力作業の約10倍である。
背景・ねらい  本県産タマネギは全国第2位生産量を誇っている。しかし、栽培面積は漸減傾向にあり、これに歯止めをかけるため機械化一貫体系の確立を目指している。そのため、本県ではタマネギ収穫機の完成に引き続き、平成10~11年度地域緊プロ事業によりタマネギ移植機の開発に取り組み完成させた。本事業は生研機構の技術指導を得ながら、機械の開発・試作を農機メーカー(Mr社)に委託し、共同開発・普及に取り組んだ。
成果の内容・特徴
  1. 隣接 2条を同時に定植し、往復で1畝4条を植付ける小型・軽量の歩行型全自動タマネギ移植機である(図1)。
  2. 植付け方式は作溝土寄せ方式である。トレイから押し出され横送りベルトに並べられた1列12本の苗は6本づつ左右に振り分けられ、送出し爪で縦送りベルトに引き継がれる。さらに植付ディスクに引き継がれ、植付ディスクによって作溝・植付けし、同時に土寄せする。
  3. 植付株間は0.5cmきざみで9.5~12cmまで6段階に調節できる。
  4. 輪距は付属の簡易ジャッキで車輪を浮かせ、工具なしで1.2m、1.3m、1.4mの3段階に調節できる。運搬時は軽四トラックに積載できる。
  5. 適応畝高は18~35cmで、畝高に合わせて車輪上下調節ハンドルで調節する。
  6. 植付精度は適正植えが98.8%と極めて高く、株間の変動は少ない(表1)。
  7. 作業速度は0.31~0.33m/sである。ほ場作業量は4.63a/h、ほ場作業効率は61.0%である。10a当たり作業時間は2.2時間で、人力定植に比べると約10倍の能率である(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 本機は淡路を始め県下全域に適応できるが、マルチ栽培には適応できない。
  2. セルトレイは、Mr式324穴専用トレイを使用する。
  3. 苗の良否は植付精度に大きく影響するため良質苗の育苗に心掛け、移植時は草丈は15~17cmに剪葉して植付ける。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010001006
カテゴリ 育苗 機械化 栽培技術 収穫機 たまねぎ

この記事は