普通大麦「シュンライ」の認定品種採用

タイトル 普通大麦「シュンライ」の認定品種採用
担当機関 兵庫県立中央農業技術センター
研究課題名
研究期間 1998~1999
研究担当者 田中 萬紀穂
澤田 富雄
発行年度 1999
要約 「シュンライ」は、裸麦の「イチバンボシ」より 3日程度晩熟で、「シロガネコムギ」より11日程度早い六条大麦品種である。製茶用麦として、認定品種に採用した。
背景・ねらい  本県の大麦(皮麦)奨励品種は、二条大麦の「カワホナミ」と「関東二条 2号」が作付面積の減少により平成5年に取り消されてから指定されていない。しかし、大麦の熟期は5月下旬~6月上旬と、小麦に比べて早熟であることから、水稲の移植期までに時間的余裕が生まれ、有利である。また、製茶用として安定した需要もあり、水田冬作の土地利用型作目の選択肢として、良質多収で栽培特性のよい大麦の普及が強く望まれている。
成果の内容・特徴
  1. 「イチバンボシ」に比べて出穂期で8日、成熟期で3日程度遅く、「シロガネコムギ」より出穂期で6日、成熟期で11日程度早い六条大麦品種である(表1)。
  2. 「イチバンボシ」と比較して、稈長は長く、穂長は短い。また、穂数は少ない(表1)。
  3. 耐倒伏性が強く、赤かび病の発生はやや多い。普通大麦として収量は十分であり、品質は中位である(表1、2)。
  4. 県内の実需者から、製茶用の高品質麦として高い評価を受けている。
成果の活用面・留意点
  1. 県南部平坦部の排水良好な地域に適する。平成12年度普及見込み面積は200haである。
  2. 製茶用として定着させ、食用大麦としての需要拡大も図っていく。
  3. 湿害には強くないので、排水良好地を選び、ほ場の排水対策は十分に行う。多肥栽培にも耐えるが、極端な多肥は避ける。
  4. うどんこ病・赤かび病には強くないので、適期防除に留意する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000995
カテゴリ うどんこ病 大麦 小麦 湿害 需要拡大 水田 品種 防除

この記事は