カンキツ果実に含まれる血小板リポキシゲナーゼ阻害成分

タイトル カンキツ果実に含まれる血小板リポキシゲナーゼ阻害成分
担当機関 中国農業試験場
研究課題名
研究期間 1997~1999
研究担当者 楠本憲一
野方洋一
発行年度 1999
要約 ポンカン果実には、循環器系疾患やアレルギー性疾患に関与する血小板12-リポキシゲナーゼを強く阻害する成分が含まれている。その中の2成分は4位と5位がカフェ酸およびフェルラ酸で置換されたキナ酸誘導体である。
背景・ねらい  カンキツ類の国内生産量は消費の伸び悩みによる市場価格の低迷もあり、近年著しく減少している。このため、カンキツ果実の新たな需要を開拓することが急務である。カンキツ果実はフラボノイド、カロチノイド、テルペノイドなど多様な生理活性物質を含有していることが知られている。
 そこで、カンキツ類の新たな用途の開拓を図るため、生理機能性の高いカンキツを探索し、機能性成分を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. ポンカン、シュウトウ、ヤツシロ、コウジは、リポキシゲナーゼ阻害効果が高い。
  2. 上記のうち最も商品性の高いポンカン果実に含まれる有効成分は果実全体に分布している(表1)。
  3. 阻害成分は水、メタノール、エタノール等の極性の高い溶媒で抽出できる。
  4. 阻害成分の構造は、4位と5位がカフェ酸およびフェルラ酸で置換されたキナ酸誘導体である(図1)。
成果の活用面・留意点
  1. 構造を明らかにした2成分の生理機能については、動物実験等でさらに研究を行う必要がある。
  2. 加工法を改良することにより、機能成分を多く含む果汁の製造が期待される。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000990
カテゴリ 加工 機能性 機能性成分 ぽんかん その他のかんきつ

この記事は