高原産初夏どりキャベツの作型別品質特性

タイトル 高原産初夏どりキャベツの作型別品質特性
担当機関 兵庫県立北部農業技術センター
研究課題名
研究期間 1998~1999
研究担当者 永井耕介
廣田智子
福嶋昭
小河拓也
井上喜正
発行年度 1999
要約 高原初夏どりキャベツは春播-春定植の作型で葉が薄く、軟らかい。秋播-秋定植は葉が厚く、硬く、球のしまりがよい。品種によっても多少異なっており、作型と品種を組み合わせることにより、多様な消費用途に対応できる。
背景・ねらい  兵庫北部地域の高原初夏どりキャベツは味がよく、市場等では高い評価をうけている。現地慣行は、秋播-秋定植による越冬栽培であるが、積雪による欠株が問題となっている。そのため、セル苗の機械定植による収穫期間の拡大と安定生産を目指した新しい作型が検討されている。そこで、播種や定植時期がキャベツの品質に及ぼす影響と用途特性を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 品種「SE」「YRフラットサワ-3号(以下YRと略す)」の球形は扁平型で作型による差はみられないが、「吉宗」は秋播-秋定植では球型で、春播-春定植では扁平型である(表1)。
  2. 品種「SE」「YR」は作型に関係なく、5g以上の葉数が約30~33枚でほぼ等しい。5g未満の葉数は全葉数の半数程度で、外葉に近い部位の1葉あたりの重量は作型別の差が大きい。葉の厚さは品種に関係なく、秋播-秋定植の作型が厚い傾向にある(表1、図1)。
  3. キャベツのしまり程度を示す空隙指数は春播-春定植>秋播-春定植>秋播-秋定植の順に高くなる傾向にある。葉の色調は「SE」「YR」では春播-春定植の緑色が秋播-秋定植に比べて濃い傾向にある。「吉宗」は、他の2品種に比べて緑色が濃い傾向にある(表1)。
  4. 内容成分の乾物、灰分(ミネラル)は作型、品種による差は小さい。硝酸含量は春播-春定植>秋播-春定植>秋播-秋定植の順に高い傾向にある。還元型ビタミンC含量は「吉宗」では春播-春定植が多く、秋播-秋定植が少ない(表1)。
  5. 官能評価は外観では春播-春定植が優れており、硬さでは秋播-春定植が硬く、春播-春定植が軟らかい評価である。美味しさでは「SE」「YR」は春播-春定植の、「吉宗」は秋播-秋定植の評価がそれぞれ高い(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 作型と品種を組み合わせることにより、キャベツの硬さや味等の特徴を活かした生産並びに販売ができる。
  2. 軟らかいキャベツは呼吸量が高く、日持ち性に劣るので鮮度保持対策が必要である。

カテゴリ キャベツ 栽培技術 播種 品種

この記事は