小型ポットと保水剤を用いた花壇苗の軽量化技術

タイトル 小型ポットと保水剤を用いた花壇苗の軽量化技術
担当機関 鳥取県園芸試験場
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者 林 悦之
発行年度 1999
要約 花壇苗の6cm幅小型ポットは、慣行の9cmポット40個入りの1トレ-重が5~9kgであるのに対し、70個入り1トレ-重が3~5kgと軽量化できる。また、保水剤を容量比で用土の0.5~1.0%添加すると、苗の生育が良好になる。
背景・ねらい  本県では、ガーデニングブームを反映して、花壇苗の栽培が増加し、県内を始め、関西方面などへ多く出荷されている。花壇苗は、育苗管理や流通段階で人力を必要とする作業も多く、作業者への負担の軽減が求められている。そこで、小型ポットと保水剤を用いた花壇苗の軽量化の方策を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 用いる用土は、ピートモス、もみがら、倉吉パミスを容量比2:1:2の割合で混合した軽量育苗用土とする。
  2. 6cm幅の小型ポットは、用土の内容量が慣行の9cmポットの約3分の1になるため、70ポット入りの1トレー重が3~7kgと、9cmポット40個入りの1トレー重5~8kgよりも1~3kg軽くなる(図1)。
  3. 小型ポットで育苗したビンカ、ベゴニアの苗は、定植時には慣行の9cmポットと比較して70~80%であったが、2か月後には、ほぼ慣行並みに生育する(図2)。
  4. 小型ポットに保水剤を用土の0.5~1.0%添加すると、易有効水量が増し、苗の生育が良好になる(図3、表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 小型ポットへのかん水は、倒伏しないように注意する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000971
カテゴリ 育苗 栽培技術 出荷調整 ベゴニア

この記事は