薩摩鶏雄の増体性に関するマーカーアシスト選抜

タイトル 薩摩鶏雄の増体性に関するマーカーアシスト選抜
担当機関 兵庫県立中央農業技術センター畜産試験場
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者 山崎宗延
藤中邦則
龍田 健
発行年度 1999
要約 「ひょうご味どり」の作出に用いた薩摩鶏雄の増体性に関する量的形質座(QTL)は第1染色体のセントロメアから120cM付近にあることが判明した。これにより薩摩鶏雄のマーカーアシスト選抜が可能となった。
背景・ねらい  本県の特産鶏「ひょうご味どり」は薩摩鶏雄と名古屋種雌との二元交配鶏「兵庫」に劣性白色プリマスロックを交配した三元交配鶏である。このうち特に薩摩鶏雄は増体性が悪く、個体間の生体重及び発育のばらつきが大きい。このため、「兵庫」及び「ひょうご味どり」についても増体性において薩摩鶏雄と同様の傾向がみられる。
 「ひょうご味どり」の生産性向上のため、増体性に関する「薩摩鶏」雄のDNA育種手法を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 薩摩鶏雄と白色レグホーン雌各1羽から得られたF1 雄2羽とF1 雌10羽から3回に分けて作られたF2 232羽の13週齢時の平均体重は雄、雌ともに各回の間に有意差はなく、実験家系として有効であった。
  2. 19本の常染色体上の72のマイクロサテライトマーカーを用いたF2DNA型と13週齢における体重との連鎖解析の結果、LODスコア値が最も高い値を示したのは第1染色体のセントロメアから120cM付近で、そのLODスコア値は5.16であった。利用したマーカーの中でこの部分に最も近いマーカーはADL19及びADL192であった(図)。
  3. 実験家系とは別に飼育した薩摩鶏雄52羽のADL19のDNA型判定を行った結果、ADL19には3つのDNA型があり、すべてホモ型であった。大半は1つのDNA型で占められていたが、DNA型により体重に差がある傾向がみられた(表)。
  4. ADL19は増体性と連鎖していると思われ、これによる薩摩鶏雄のマーカーアシスト選抜が可能となった。
成果の活用面・留意点
     薩摩鶏雄の体重選抜に有効であるが名古屋種雌、ホワイトロックについても調査する必要がある。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000878
カテゴリ 育種

この記事は