キャベツセル成型苗の栽植密度からみた収穫時期

タイトル キャベツセル成型苗の栽植密度からみた収穫時期
担当機関 兵庫県立中央農業技術センター
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者 竹川昌宏
大西忠男
発行年度 1998
要約 秋冬どりキャベツのセル成型苗栽培で、株間が40㎝から35㎝になると収穫時期は約10日、35㎝から30㎝になると約30日遅れる。収量は株間32.5~35㎝(4760~5120株/10a)で高くなる。
背景・ねらい  キャベツセル成型苗栽培において、栽植密度(株間)の違いにより球の肥大速度が異なることが観察される。そこで、秋冬どり栽培において、株間の違いによる収穫時期および収量の影響を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 畝幅120㎝ 2条植で、株間を30~40㎝の間で5段階に変え、栽植密度を変化させた場合、秋どりの‘YR泰山’および冬どりの‘松波’ともに、株間が広いほど生育は早く、球の肥大も早くなる。秋冬どり栽培では栽培期間中、低温を経過するため、生育はしだいに緩やかになるが、直径18㎝以上の収穫可能球が80%を越える時を収穫時期とすると、収穫時期は‘YR泰山’、‘松波’ともに、株間が40㎝から35㎝まで変化すると約10日、35㎝から30㎝への変化では約30日遅れる(図1)。
  2. ‘YR泰山’において、収穫時期での形状を株間の違いで比較すると、最大葉の葉幅は株間が狭いほど小さい。結球重は株間30㎝区が小さい他は、大きな差は認められない。10a当り収量は株間32.5㎝が最も大きく、次いで35㎝である(表1)。

成果の活用面・留意点
  1. 結球重は、密植栽培になるほどばらつきが大きくなり、小球比率が高まる。
  2. 株間の違いによる収穫時期の変動幅は生育時期の気温、土壌条件の違いで異なると考えられる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000819
カテゴリ キャベツ

この記事は