実肥による小麦たん白含量の向上

タイトル 実肥による小麦たん白含量の向上
担当機関 中国農業試験場
研究課題名
研究期間 1997~1998
研究担当者 高山敏之
長嶺敬
田谷省三
発行年度 1998
要約 小麦子実たん白含量は、出穂10日後の実肥窒素施用で増加させられる。たん白含量の増加量は、実肥窒素1kg/10a当たり0.4~0.6%である。目標たん白含量を達成するには、例年のたん白含量との差等から実肥窒素施用量を決める。
背景・ねらい  温暖地西部産小麦は、主としてめん用に利用されているが、地域によっては子実たん白含量が8~9%と低いため、めん用として適正な10~11%に向上させる施肥技術の確立が求められている。そのため、出穂後追肥によるたん白含量向上技術の確立を図った。
成果の内容・特徴
  1. 実肥施用時期は、稈の伸長が停止し、穂数が確定する出穂10日後とする。
  2. たん白含量は、実肥窒素の施用量に応じて、ほぼ直線的に増加する(図1)。
  3. 一次回帰式から求めた実肥窒素1kg/10a当たりのたん白含量の増加量は、0.4~0.6%で、品種系統・年次間に有意差はない(表1)。
  4. 実肥により成熟期はやや遅れ、リットル重は増大するが、外観品質は低下する(表2)。
  5. 実肥による子実重、千粒重、倒伏への影響は小さい(データ略)。
  6. 実肥によりバロリメーター値(生地物性)が向上し、めん用としてより適したものになる(図2)。

成果の活用面・留意点
  1. 本成果を、近畿・中国地域の低たん白小麦生産地帯に適用し、普及を図る。
  2. 例年の小麦のたん白含量は、品種・産地単位で把握されており、これを基準として品種別の実肥窒素施用量を決める。
  3. 本成果は、気象条件に比較的恵まれ、収量レベルが比較的高い福山市の灰色低地土で得られたものであり、実際の適用にあたっては、地域の気象、特に降水量、土壌条件及び平年の収量レベル等に留意し、窒素施用量を決定する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000776
カテゴリ 小麦 施肥 品種

この記事は