被覆肥料(LPS100)を用いた窒素の水稲育苗箱全量施肥での育苗法

タイトル 被覆肥料(LPS100)を用いた窒素の水稲育苗箱全量施肥での育苗法
担当機関 鳥取県農業試験場
研究課題名
研究期間 1997~1998
研究担当者 坂東 悟
稲坂恵美子
宮田邦夫(現 経営指導課)
発行年度 1998
要約 水稲コシヒカリの稚苗移植体系における育苗箱全量施肥法においては、被覆肥料(LPS100)を床土と混和しても、床土と種籾の間に挟んだサンドイッチ状態としても良く、慣行の育苗管理を行うことにより丈が短く葉色の濃い苗が得られる。
背景・ねらい  水稲の育苗箱全量施肥法はシグモイド型の被覆肥料を用いて水稲生育期間中に必要な窒素量のすべてを育苗箱に施用するものである。この施肥法の特徴は、化成分施体系に比べ施肥効率が高く、施肥量を少なくできること、水田系外への施肥窒素の流出が抑えられることおよびリン酸、加里が肥沃な圃場では本田での施肥作業が省略できることがあげられる。
 一方、被覆肥料の窒素溶出パターンは温度に依存するため、地域の気象条件に適合した栽培法の確立が必要と考える。そこで、鳥取県平坦部を中心とする育苗時期の気温が14~20℃の地域において本施肥法の安定栽培技術を確立するため、技術上の重要なポイントと考えられる育苗方法について検討を行う。
成果の内容・特徴
  1. 育苗箱全量施肥法で栽培した苗は、慣行に比べ苗丈が短く、葉色が濃い。また、一箱当たりのLPS100の量が苗質に与える影響は、慣行対比でみると実用的範囲(750g~900g)においては大きな違いはなく、問題はみられない(表1)。
  2. LPS100の施用位置の違いによる苗質への影響は、LPS100を床土と混和してもサンドイッチ状態(図1の断面図)でも同等である(表2)。
  3. 出芽期に育苗器を用いる方法で育苗した苗の苗質は、トンネル管理(平置き)法によるものと同等である(表3)。
  4. 水稲育苗箱全量施肥法において、慣行移植対比8割程度の窒素施肥量で慣行移植とほぼ同等の収量が得られる(表4)。

成果の活用面・留意点
  1. 育苗箱に施用するLPS100の上限量は、保水性を確保する観点から1kg/箱とする。
  2. 当面、LPS100は育苗箱全量施肥専用肥料「苗箱まかせ」を用いる。
  3. LPS100を施用する際、LPS100の被覆膜を損傷しないように注意する。
  4. 慣行育苗に比べ床土が少ないため保水性が低下しているので、水管理に注意する。
  5. リン酸および加里は土壌診断に基づき適正量を耕耘から移植までに本田施用する。
  6. 気温条件から近畿・中国地域で適応可能と考えられる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000743
カテゴリ 安定栽培技術 育苗 水田 水稲 施肥 土壌診断 水管理

この記事は