トマトの隔離床利用養液土耕システム

タイトル トマトの隔離床利用養液土耕システム
担当機関 岡山県立農業試験場
研究課題名
研究期間 1993~1996
研究担当者 川合貴雄
藤沢敏寛
発行年度 1997
要約 装置が安価で栽培容易なトマトの隔離床利用養液土耕システムを開発した。本システムは、市販プランターに埴壌土とピートモスまたはやし殻チップとを等量配合したものを12リットル詰め、培養液を灌注で供給するものである。
背景・ねらい  トマトの施設栽培における省力・軽労働化と土壌病害虫の回避を図るため、安価で軽量な資材と土壌を混合した培地、培養液供給システム等を活用した岡山農試方式の隔離床利用養液土耕システムを確立する。
成果の内容・特徴
  1. 隔離床利用養液土耕システムは、養液栽培用給液装置、隔離床としての市販プランター(60×17×17cm)、土壌を基本とした軽量培地、給液チューブなどを用いた培養液かけ流し方式による栽培システムで、その装置費は2,029千円/10aである(表1)。
  2. 培地の土壌としては、埴壌土は砂壌土よりも果実糖度が高く、やや多収である(表2、表3)。
  3. 培地資材としては、パーライトよりもピートモスが多収である。しかし、ピートモスとやし殻チップとでは6回連作の平均収量の差は小さく、どちらでも使用できる(表2)。
  4. 培地の土壌と資材の配合割合としては、土壌4:資材1よりも土壌1:資材1が多収の傾向である(表2)。
  5. 培地量としては、プランター当たり2株定植の場合、12リットルでは8リットルに比べて1段から5段花房までほぼ同等の収量であるが、6段花房の収量は多い(表4)。
  6. 培養液濃度としては、培地の相違に関係なく、品種‘サンロード’では高濃度(EC 0.5~1.0 dS/m)よりも低濃度(EC 0.5 dS/m)が多収である(表3)。

成果の活用面・留意点
  1. 培地の土壌として埴壌土が入手できにくい場合は砂壌土でも使用できる。また、土壌によっては作物が正常に生育しないことがあるので処女地土壌を使用する場合は事前に生育の有無を確認する。
  2. 培地および原水には病害虫発生の恐れのないものを用いる。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000612
カテゴリ 害虫 栽培技術 施設栽培 トマト 品種 養液栽培

この記事は