大豆系統「東山165号」の準奨励品種採用

タイトル 大豆系統「東山165号」の準奨励品種採用
担当機関 鳥取県農業試験場
研究課題名
研究期間 1978~1997
研究担当者 橋本俊司
大浜武志
湯谷一也(現日野農林振興局)
発行年度 1997
要約 大豆系統「東山165号」は現奨励品種「エンレイ」と比較して、収量・品質とも安定して上回っており、タンパク含量も同等に高いことから、「エンレイ」の代替品種として準奨励品種に採用する。
背景・ねらい  県内の大豆栽培面積は平成9年で約800ha、奨励品種は「タマホマレ」と「エンレイ」の2品種で、6:4程度の比率である。このうち「エンレイ」は、大粒・高タンパクで加工適性に優れるが品質の年次変動が大きく、紫斑・腐敗・しわ粒が発生しやすい欠点を持つ。
 一方「タマホマレ」は、収量・品質が高く安定しているが晩熟で、低タンパクであり、全栽培面積を占めるに至っていない。そのため、高品質・高タンパクの早生品種を選定する必要があった。
成果の内容・特徴
  1. 開花期は「エンレイ」並、成熟期は1週間程度遅い早生品種である(表1)。
  2. 主茎長は「エンレイ」よりやや短く、茎が太く、茎質も強く、倒伏しにくい。蔓化、莢先熟、立枯の発生も見られない。また、ダイズモザイクウイルスに抵抗性である。主茎節数、分枝数とも「エンレイ」を上回る(表1、3)。
  3. 着莢が密であるため㎡当莢数が多く、「エンレイ」より安定して多収である(表1、2、3)。
  4. 紫斑・腐敗・虫害・しわ粒の発生が少ない。裂皮粒の発生頻度は「エンレイ」「タマホマレ」より高いが、そのほとんどは等級に影響しない軽微なものであり、品質は「エンレイ」を上回る(表2、3)。
  5. 百粒重は「エンレイ」より小さく、「タマホマレ」並で、粗タンパク含量は「タマホマレ」より高く「エンレイ」並である(表2)。

成果の活用面・留意点
  1. 「エンレイ」に代わる早生の奨励品種として採用し、県内平坦~中山間地帯での普及を図る。
  2. 早播、晩播とも「エンレイ」以上に適応性が高いが、早播で若干紫斑・腐敗粒が増加する。
  3. 煮豆では硬くなる傾向がある(育成地調査)ので、豆腐を主用途とする。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000569
カテゴリ 加工適性 しわ粒 大豆 中山間地域 抵抗性 品種

この記事は