酸化銀および銀イオンを用いた養液栽培における病害防除

タイトル 酸化銀および銀イオンを用いた養液栽培における病害防除
担当機関 大阪府立農林技術センター
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者 岡田 清嗣
草刈 眞一
発行年度 1997
要約 銀の酸化物である酸化銀および可溶性の硝酸銀等銀化合物30ppbを水耕培養液 に添加することによって、根腐病菌遊走子が殺菌され、水耕栽培におけるキュウリ、ミツバ根腐病の発生を防止することができる。
背景・ねらい  銀イオンは微生物に対して極めて高い殺菌効果を有しており、また、その金属酸化物は水中で活性酸素を放出することにより、微量で極めて高い殺菌効果を示すことが知られている。この性質を利用して、養液栽培で発生する培養液伝搬性病害(根腐病・疫病等)の銀化合物添加による防除技術を開発し、養液栽培における生産安定化をはかる。
成果の内容・特徴
  1. 硝酸銀、硫酸銀、酸化銀の溶液は、Pythium aphanidermatum 、P.mriotylum 、P.sp. typeFの遊走子に対して30ppbで遊走子の運動を阻害し、50ppbで発芽を完全に阻害する(図1)。
  2. キュウリ根腐病(P.aphanidermatum )に対して硝酸銀を用いて発病抑制効果を調査したところ10ppbで発病が認められたが、30ppb以上では発病が抑制される(表1)。
  3. キュウリに対する障害は、硝酸銀濃度50ppb以上でやや生育抑制が認められ、100ppb以上で生育抑制が顕著となり、100ppmでは、植物体が枯死する(図2)。
  4. 銀酸化物を被覆した布(オクトクロス@ )を用いて防除試験を試みたところ、1t規模の水耕装置で培養液中の銀濃度が40ppb(布面積 3cm2 /リットル)でキュウリ根腐病の発病をほぼ抑制し(図3)、キュウリに対する障害は認められない。
  5. オクトクロスの根腐病抑制効果は、ミツバ根腐病(P.sp. type Fによる)についても有効である。

成果の活用面・留意点
  1. 水耕培養液中にオクトクロスを添加する場合、銀の溶出に72時間の時間経過が必要である。
  2. 2次感染防止が目的で、発病前に処理する必要がある。根腐病菌の遊走子に感染した植 物体は、銀資材添加後も枯死する。
  3. 過剰量の投与、低pHでは作物に対して生育障害の生じる恐れがある。農薬としての登録はない。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000530
カテゴリ きゅうり 水耕栽培 根腐病 農薬 防除 みつば 養液栽培

この記事は