モモ黒斑病(新称)の発生とモモ品種の耐病性

タイトル モモ黒斑病(新称)の発生とモモ品種の耐病性
担当機関 岡山県立農業試験場
研究課題名
研究期間 1995~1996
研究担当者 井上幸次
那須英夫
発行年度 1996
要約 モモ果実に褐色~黒色斑ができ、亀裂を生じる障害が、Alternaria alternata による新病害であることを解明し、「黒斑病」を提唱するとともに、本病の発病推移、病原菌の宿主特異性、耐病性の品種間差異を明らかにした。
背景・ねらい  平成元年頃から県南の一部でモモ果実に褐色~黒色斑ができ、亀裂を生じる障害が多発した。そこで、本障害の原因究明と発病推移、病原菌の宿主特異性、モモの耐病性の品種間差異について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 発生状況:本病は平成元年頃から岡山市の一部の圃場で発生しているもので、多発圃場ではほとんどの収穫果実が発病する。「清水白桃」で発生が多いが、「八幡白鳳」、「紅清水」、「大和白桃」、「ゴールデンピーチ」では少ない。
  2. 病徴:幼果では初め径約1㎜の淡褐色斑で、次第に拡大してやや窪み、茶褐色のかさぶた状を呈する。成熟果では褐色~黒色の病斑は数㎝にもなり大きな亀裂を生じる。枝では初め数㎜の赤ないし茶色の円形病斑を形成し、その後拡大すると縦に亀裂して、ヤニを生じる。葉では、初め数㎜~10数㎜、灰色や緑黄色で、円形~不整形の斑点を生じ、数日後に茶褐色となり、穿孔する(図1)。
  3. 発病推移:「清水白桃」の幼果、葉では5月下旬、新梢では6月上旬に初発し、その後、7月まで急速に病勢が進展する。8月には病勢がいったん停滞するが、9~10月にも再び葉や枝の発病が進展する。
  4. 病原菌:幼果、成熟果、枝、葉の病斑部からは、
    Alternaria 属菌が高率に分離され、分離菌をモモの幼果に接種すると、病徴が再現される。形態的特徴から本菌はAlternaria alternata であり、本病害が未報告であったことから、「黒斑病」を提唱する。本病原菌はモモに対して宿主特異性を示す(表1)。
  5. モモの耐病性の品種間差異:室内試験の結果では、「大和白桃」、「橋場白鳳」、「瀬戸内白桃」、「ゴールデンピーチ」、「円城白桃」は「清水白桃」より耐病性が高い(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 本病菌は枝病斑で越冬しているので、枝病斑は見つけ次第、切除し焼却する。
  2. 果実への感染時期は主に4月下旬頃から袋掛けまでと考えられる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000295
カテゴリ 品種 もも

この記事は