施肥量低減条件におけるトマトの生育反応

タイトル 施肥量低減条件におけるトマトの生育反応
担当機関 中国農業試験場
研究課題名
研究期間 1994~1995
研究担当者 岩波 壽
荒木陽一
茶業試験場)
野口正樹*(*野菜
発行年度 1995
要約 施肥量が少ないほどトマト茎葉の生育は抑制され、果実の糖度は低下する。収量は標準施肥(N20kg/10a)より30%の減肥条件では増収するが、60%の減肥条件では減収する。減肥による生育、収量の抑制は接ぎ木により緩和されるが、糖度は低下する。
背景・ねらい  野菜生産は化学肥料の多量施用によって、収量の増加、安定化が図られてきたが、一方では、土壌環境を悪化させ、連作障害を招き、野菜品質の低下をもたらしている。そこで、環境を保全しつつ、高品質かつ安定した農産物の生産技術を確立するために、まずトマトについて、施肥量低減条件における生育反応を検討する。
成果の内容・特徴
  1. ‘桃太郎’、‘フローラ’の2品種とも施肥量が少ないほど茎葉の生育は抑制される。収量は標準施肥(N20kg/10a)より30%の減肥条件では増収するが、60%の減肥条件では減収する(図1)。
  2. 糖度(Brix%)は両品種とも施肥量の減少につれて低下し、その度合いは品種により異なる。酸度(クエン酸%)は両品種とも施肥量が少ないほど低下する傾向にある(図2)。
  3. 接ぎ木により生育は旺盛となるが、減肥による生育の抑制程度は自根よりも大きい。収量はいずれの施肥段階とも接ぎ木により増加する。糖度は接ぎ木により低下し、減肥による糖度の低下傾向は接ぎ木によっても認められる(図3)。

成果の活用面・留意点
  1. 環境を保全しつつ、高品質で生産性の持続する野菜生産システムを構築するための基礎資料となる。
  2. 本成果は隔離床栽培の結果である。
カテゴリ 施肥 接ぎ木 トマト 土壌環境 品種 連作障害

この記事は