ケンタッキーブルーグラス主体草地の定置放牧における効率的管理法

タイトル ケンタッキーブルーグラス主体草地の定置放牧における効率的管理法
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 北海道農業研究センター
研究課題名
研究期間 2001~2003
研究担当者 高橋俊 
八木隆徳
発行年度 2003
要約 ケンタッキーブルーグラスとシロクローバの混播草地は、放牧期間中一定の頭数 で放牧する省力的な定置放牧条件で、入牧を早め減肥することで過繁茂を軽減で き、ホルスタイン去勢牛でヘクタール当たり増体量856kg、日増体量0.98kgと良い
キーワード 放牧、定置放牧、ケンタッキーブルーグラス、去勢牛、早期入牧、減肥
背景・ねらい 離農や高齢化により増加している耕作放棄地の発生を防止するには、大規模草地での省 力的放牧利用が有効であり、大牧区における定置放牧方式が実用的である。一般的に牧草生産速度は春期を頂点として以降は減少するのに対し、放牧中の育成牛の飼料要求量は長に伴って増加していくため、草量と飼料要求量とが不一致となる。特に、定置放牧で は放牧頭数を一定とするため、家畜の飼料要求量に合わせて草量をコントロールする必要 がある。そこで、季節生産性が比較的平準で定置放牧に適した草種であるケンタッキーブ ルーグラスを用い、飼料要求量の小さい放牧初期の草量を抑制するための草地管理法を開 発するとともに牧草および家畜生産性について評価する。
成果の内容・特徴 1.入牧時期を通常より2週間程度早めて年間施肥量を北海道施肥標準の1/3に減らす(早 期入牧・減肥)と、日乾物重増加速度は放牧期間を通じ抑制できる(図1)。
2.早期入牧・減肥により放牧草の地上部現存量は放牧期間を通じ少なくなる。特に放牧 初期の現存量の増加を抑制して過繁茂を軽減できる(図2)。
3.早期入牧・減肥は放牧草のTDN(可消化養分総量)含有率を高める(図3)。
4.早期入牧・減肥した場合の延べ放牧頭数、ヘクタール当たり増体及び日増体量はそれ ぞれ573頭・日/ha、856kg/ha、0.98kg/頭・日と良好なものであり、標準的な定置放牧 と比べそれぞれ100、104、100%の生産性が得られ遜色ない(表1)。
成果の活用面・留意点 1.ケンタッキーブルーグラス草地を活用した育成牛の省力的放牧に利用できる。 2.早期入牧時は放牧草不足を補うため、草地の乾物草量が体重100kg当たり50kgになる
まで2週間程度、ロール乾草等の補助粗飼料を1日当たり体重の1%を目安に給与する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000068
カテゴリ さやいんげん 施肥

この記事は