アルストロメリアにおける養液土耕栽培の効果と施肥灌水指標

タイトル アルストロメリアにおける養液土耕栽培の効果と施肥灌水指標
担当機関 花野技セ
研究課題名
研究期間 2001~2003
研究担当者 建部雅子(北海道農研) 
藤倉潤治
発行年度 2003
要約 養液土耕栽培により、初期生育が旺盛となり、規格内本数、切り花長、切り花重 が増加する。粗収入の増加はa当たり 9 万円である。施肥量は初年目 N-P2O5-K2O 40-30-60、2年目 50-40-50kg/10a、pF は 1.9~2.1、土壌溶液硝酸濃度は 100~400mg/L が適当である。
キーワード アルストロメリア、養液土耕栽培、施肥指標、灌水指標
背景・ねらい アルストロメリアは冷涼な気候を好むことから北海道での栽培に適した作物であるが、灌水量が多く栽培期間が長いことにより、灌水・施肥管理に手間がかかる。一方、点滴チ ューブを用いて、施肥・灌水作業を自動で行う養液土耕栽培法の導入が進んでおり、収量・ 品質向上、軽労化に期待がもたれている。そこで、アルストロメリアを養液土耕栽培で栽 培した場合の効果と、栽培指針を検討する。
成果の内容・特徴 1. 養液土耕栽培は慣行栽培に対し、初期生育が旺盛となり、規格内本数、切り花長、切り 花重が増加する(表 1)。規格内本数は 2 カ年合計で 7%増加し、2 カ年平均の粗収入は a 当たり 9 万円増加する(表 2)。それに対し、装置1台で 3.3aハウスを 2 棟制御する場 合の経費の増額はおよそ 11 万円である。
2.窒素施肥量は、規格内本数、切り花品質、窒素吸収量から判断して定植初年目 40kg/10a、 2年目 50kg/10a が適当である(表 3)。カリは初年目のみ増肥効果があること(表 4、5)、 リン酸は窒素に対して吸収量が少ないことから(表 3)、施肥量は定植初年目 30-60kg/10a、 2年目 40-50kg/10a(P2O5-K2O)が適当である。
3. 土壌溶液硝酸濃度の指標値は、標準区における変動幅から 100~400mg/Lが適当であ る ( 図 1 )。
4.pF を 1.9~2.1 を目標に灌水することにより乾物率の高い切り花が得られる(表6)。
5.地上部生育が旺盛な時期あるいはその直前に灌水量および施肥量を増加させることがア ルストロメリアの生育に適合していると考えられる。一定量の施肥に対して窒素吸収量は 増減したことから、窒素収支を用いて施肥量の月別の調整を行う。
6.以上をまとめて施肥灌水指標(表7)とする。
成果の活用面・留意点 1.品種「レベッカ」を用いた結果である。
2.改植時は土壌診断を行うとともに地力の維持に努める。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000045
カテゴリ アルストロメリア 改植 軽労化 栽培技術 施肥 土壌診断 品種

この記事は