ユリ類えそ病の病原ウイルスと診断技術

タイトル ユリ類えそ病の病原ウイルスと診断技術
担当機関 北海道立中央農業試験場
研究課題名
研究期間 2001~2002
研究担当者 佐々木 純
上田一郎(北大) 
竹内 徹
発行年度 2003
要約 ユリ類えそ病は、Potyvirus であるユリモットルウイルス(LMoV)と Potexvirus で あるオオバコモザイクウイルス(PlAMV)の重複感染によって発生する。抗体作成が困難 なユリモットルウイルスについて、抗原となる外被タンパク質を大腸菌発現系で大量に得 て、抗体を作成した。作成した抗体によるエライザ法でユリからウイルスを検出できる。
キーワード ユリ、ウイルス、エライザ法
背景・ねらい 北海道では Potyvirus と Potexvirus重複感染によって激しいえそを生じるユリ類(コオニユリ)えそ病が発生している。この病原ウイルスを明らかにするとともに、実用技術を 確立する。
成果の内容・特徴 1.ユリ類えそ病は、Potyvirus であるユリモットルウイルス(LMoV)と Potexvirus である オオバコモザイクウイルス(PlAMV)の重複感染によって発生する。
2.オオバコモザイクウイルスは、中央農試作成の抗体を用いたエライザ法で検出できる。
3.抗体作成が困難であったユリモットルウイルスは、外被タンパク質(CP)遺伝子を 単離し、発現系ベクターに組み込み大腸菌に導入すると、培養した大腸菌で CP を大量に 発現させ、ウイルス抗原を得ることができ(図1)、ウイルス抗原をウサギに免疫して抗 体を作成できる。
4.作成した抗体を用いたエライザ法により、罹病葉の 1,000 倍希釈液からもウイルスを 検出することができる(図2)。
成果の活用面・留意点 1.ユリのウイルスフリー種苗の確認や診断に活用できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010000027
カテゴリ 診断技術 ゆり

この記事は